八街・東金の店舗

八街・東金エリアのタウン情報八街・東金エリアのタウン情報

「千葉県といえば落花生」と言われているが、実際はちょっと違う。「千葉県八街市といえば落花生」なのだ。落花生の生産率日本一を誇るだけあり、八街は落花生問屋の街と言ってもいいだろう。
場所は千葉県のほぼ中央にあり、産業は落花生を初めとする農業が盛んだ。駅前はシャッター街が目立ち、その一方で「グリーンタウンやちまたショッピングセンター」など、国道沿いのロードサイド店舗が栄えており、2015年12月には郊外型複合商業施設「イオンタウン八街」がオープン予定である。
お隣の東金市は、九十九里平野に位置する素朴な街だ。
1958年にフラフープが流行すると、「腸捻転のおそれがある」とし、東金小学校が禁止令を出したことが発端でブームが終わってしまったことで、のちに市内公園に、謝罪の意を込めてフラフープの記念碑を建てたというエピソードは聞いたことがある人もいるだろう。
乗り入れている鉄道は、千葉県大綱白里市の大綱駅から千葉県山武市の成東駅を結ぶJR東金線のみ。計5駅の短い路線である。
このエリアの風俗といえばデリヘルが盛んだ。きっと素朴でウブな娘が、客の欲望を喜んで迎えてくれるはずだ。