AV女優(20ページ)

 ここで重要なのは、「1回3万円」という金額に「×4」を付け加えることだという。「女性は『週1で12万円だったらラッキー』と、そろばんをはじきます。1回3万円と言うだけだと、1度限りの売春だと思われ成功率は低くなります。『×4』は継続する関係であることを強調する効果があります。提示する金額は相手のレベルに合わせます。3万~5万円が基本ですね。相手が段々と『本当ですか?』『考えちゃうかも』なんてノッてきた場合は…»続きを読む

年収300万円で“プチ愛人”を囲う方法(2)元アイドルを4年間囲った

「あきこクリニック」の田中亜希子院長は、女性器における名器の定義を「普通の女性よりも快感を与えられる女性器」としたうえ…»続きを読む

人気AV女優の“名器”経験を男優が語る(2)トレーニングで締まりが増す

 一回の行為にわずかな金を支払い、愛人契約を結ぶ「プチ愛人」とでも言うべき男女関係が静かなブームになっているという。出…»続きを読む

年収300万円で“プチ愛人”を囲う方法(1)隣に女性が座ったら勝負開始


 ロマンを追い求める研究シリーズ。今回は「至高の女性器=名器」について実践と科学的アプローチで検証する。「ミミズ千匹」…»続きを読む

人気AV女優の“名器”経験を男優が語る(1)仕事を忘れる気持ちよさ

 絶頂へつながる「愛のカタチ」を、日常のいろいろなしぐさから学び取るシリーズです☆ 夏になると、大変そうだなあと思うのが…»続きを読む

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆眼鏡のそんな 使い方…!?

 絶頂へつながる「愛のカタチ」を、日常のいろいろなしぐさから、らく~に覚えちゃうシリーズです☆ 男性とお食事する際に食べ…»続きを読む

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆食事とスケベの関係とは?

 絶頂へつながる「愛のカタチ」を、日常のいろいろなしぐさから、らく~に覚えちゃうシリーズです☆ 男性と一緒に食事をする時…»続きを読む

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆官能的な食べ物といえば?

 00年代中頃から、エロ雑誌に一つの大きな変化が訪れている。付録にDVDを付ける雑誌が急増したのだ。00年代後半には、DVDが付…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30盛衰史”(11)動画じゃないと物足りない

 h.m.pで10年以上、広報を担当してきた岡崎氏が言う。「こちらから『誌面で取り上げてくれ』というと、『じゃあ広告を出してく…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30盛衰史”(10)メーカーとの関係が崩れた

 現在、AV雑誌は瀕死の状態にある。インターネットの隆盛や、規制の強化など取り巻く環境が大きな変化を迎えているからだ。は…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30盛衰史”(9)AV雑誌冬の時代の真相

 女性を絶頂へと導く「愛のカタチ」を、日常のさまざまなシーンから、らく~に覚えちゃうシリーズです。 季節のフルーツとい…»続きを読む

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆川上ゆう的果物といえば?

 インディーズビデオをメインに扱っていたのが「ビデオメイトDX」(コアマガジン)だった。 もともとはビデ倫AVを扱う雑誌だ…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30年盛衰史”(8)裸が一切出てこないAVが誕生

 宇宙企画の失速と、入れ代わるようにして台頭してきたのが、過激な本番と総帥・村西とおる監督の強烈なキャラクターを打ち出…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30年盛衰史”(7)インディーズ登場で業界が一変

──責められた場合、感じる部位はどのあたり?マリエ お尻とか首とかクリをなでられるのが好き。──舐められるのは?マリエ う…»続きを読む

白石マリエ「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」vol.2“どんな愛撫よりもフェラするほうが濡れま…

 宇宙企画は数多くの美女を輩出した。早川愛美、秋元ともみ、麻生澪、小森愛といった人気アイドルたちは、「宇宙少女」と呼ば…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30年盛衰史”(6)宇宙少女がAV界を席巻した

 国民的アイドル・前○敦子激似AV女優として大ブレイクした琥珀うた(21)。彼女を育て上げたのは所属事務所の女社長で、AV女優…»続きを読む

琥珀うた「AV女優師弟対談」

 下半身にビタミンHをお届けするアダルト美女のスケベトーク。今週のゲストは美しすぎる容姿と超絶スケベテクを持つデビュー…»続きを読む

白石マリエ「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」vol.1“中2の時にアナルセックスをしました”

 AV誕生とほぼ歩調を合わせながら発展してきたAV雑誌。アイドルブームにより、爆発的なヒット作を次々と生み出し、家庭に普及…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30年盛衰史”(5)「ミス本番・裕美子」に熱狂

 最盛期は毎月10誌以上が発売されていたAV雑誌。日本で最初に発行されたのは82年創刊の「ビデオプレス」(大亜出版)と言われ…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30年盛衰史”(4)「正直言ってずっと赤字でした」

 絶頂へつながる「愛のカタチ」を、日常のしぐさから、らく~に覚えちゃうシリーズです。 電車の中で立っている女性を見ると…»続きを読む

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆女性の(秘)行動を教えます!

 AVには、実用性の部分と、映像作品としての一面もある。その点、あくまでもAVを映像作品として扱うのが「ワールド」の姿勢だ…»続きを読む

ビデオ・ザ・ワールドが見た“AV30年盛衰史”(3)裏ビデオ記事で当局から警告