男のグルメ(6ページ)

毎日でも食べたい 東京醤油ラーメンの極み 鶏ガラとゲンコツ、昆布などを使ったごくオーソドックスな醤油ラーメンがベース。だが、ひとつひとつの食材にまで丁寧な心遣いがいきわたり、バランス感も絶妙。結果、東京醤油ラーメンの極みともいうべき一杯となっている。毎日でも食べられる素直な味わいだが、深いコクがあり、一口ごとに癒されるスープ。こちらも食べ飽きしない中細のちぢれ麺は、しっかりと小麦の味を主張する。具…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・練馬「ぼにしも」

バラエティ豊かでリーズナブル! 本場と見まごうタイ風の立ち飲み屋。 練馬の飲み屋街に、地元の酔客を中心に大人気の”…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・江古田「ひょうたん 江古田店」

秋刀魚ダシが香る あっさり癒し麺 東大阪高井田風の「中華そば」が人気のこちらのお店。「秋刀魚醤油」は長らく裏メニューとし…»続きを読む

【眼福ラーメン】 大阪・難波「麺屋 丈六」


「キンミヤの十勝ワイン割り」と相性抜群! 無骨さのない繊細なもつ料理 銀座の目抜き通りからすぐの路地にある店は笹の木が目…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・銀座「ささもと 銀座店」

超濃厚なのにエグ味ゼロ!驚異の煮干しラーメン 下町っ子の気質はわかりやすく、どんな新しい店だろうと自分が気に入れば応援…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・北千住「麺屋 音」

賑わうミナミの雑踏の中で 創業50年以上の正統派酒場 なんばの繁華街エリアの中で別格の存在感を放つ正統派の大衆酒場。店に入…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・日本橋「正宗屋 相合橋店」

移りゆく街で変わらない味に ほっとする”東京ラーメン” 東京駅と有楽町駅をつなぐ高架下のタイムスリップしたよ…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・有楽町「谷ラーメン」

全国にまでその名を轟かす 千住名物「肉とうふ」の深みに言葉を失う。 星の数ほどの居酒屋がひしめく東京においても、ここは屈…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・北千住「大はし」

名古屋コーチンから取る コク深いダシが決め手 ラーメン激戦区の神田エリアにあって、無化調の淡麗系スープで確かな舌を持つ食…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・神田「神田 磯野」

おでんの湯気がゆらゆらと、 王道酒場の魅力に身も心も温まる。 寒い季節になってくると俄然「おでんと熱燗で一杯」をやりた…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・神泉「詫助」

醤油と数種の魚醤が 生み出す深いコクと香り 「うさぎのように飲食業界を飛び跳ねていきたい」という可愛らしい店名が印象的…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・神泉「うさぎ」

料亭出身3代目のアイデア料理に大阪酒場文化の底知れなさを見た 阪神電鉄とJRの野田駅を結ぶように伸びる「野田新橋筋商店街」…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・野田阪神「大衆酒場 お多福」

ポイントは濃さばかりにあらず 他の鶏白湯系とは一線を画す味わい 鶏ガラと鶏ゲンコツを12時間もの間、丁寧に煮込み続けて作…»続きを読む

【眼福ラーメン】 大阪・福島「ラーメン人生 JET」

古民家調の空間で秋田が誇る海の幸と山の幸をとことん堪能 くぐり戸を通れば、そこは秋田の古民家。実際に使われていた調度品…»続きを読む

【一杯酒場】 東京都・神田小川町「秋田県由利本荘市うまいもの酒場」

貝柱の粉末が旨味に追い打ち これぞ至福の塩ラーメン 醤油ラーメンの名店「せたが屋」による“塩〞に特化したブランド。…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・丸の内「ひるがお 東京駅一番街店」

野毛飲みなら外せない。夜が深まるにつれポカポカ暖まる酒飲みの陽だまり 野毛のメインストリート「野毛小路」に入るとほどな…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・桜木町「陽だまり」

牛乳色の絶妙スープはキレ抜群 完全オリジナル、ここだけの逸品 最初に断るが、鬼面ひとを威すタグイの企画ものラーメンでは…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川県鎌倉市・七里ケ浜「ハイブリット」

多くの若者達を一人前の酒飲みへと育て上げた、吉祥寺の良心。 まずは印象的すぎる店名の話だが、コピーライトの仕事をされて…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・吉祥寺「闇太郎」

鶏と野菜ダシのブイヨン系塩スープ 北新地にゆかりの深い浄瑠璃作家・近松門左衛門から店名をとったというだけあって、店内は…»続きを読む

【眼福ラーメン】 大阪・北新地「新地らー麺 近松」

巨大な酒問屋併設だからこそ揃う 美酒の数々を立ち飲み価格で。 池袋に巨大な本社を構える酒の卸問屋「平喜屋」。そこで18歳か…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・東池袋「たちのみや喜平」

動物系不使用の鮮烈スープは魚介づくしの昆布の海 東京から千葉の九十九里へと移住し、遠距離通勤をものともせずに毎日この店…»続きを読む

【眼福ラーメン】 東京・大塚「志奈そば 田なか」