記者が潜入取材!絶滅した「ヌキキャバ」が歌舞伎町で復活!(1)

記者が潜入取材!絶滅した「ヌキキャバ」が歌舞伎町で復活!(1)

2013/11/28

記者が潜入取材!絶滅した「ヌキキャバ」が歌舞伎町で復活!(1)

「ヌキキャバ」と聞いても、ピンとこない諸氏もいることだろう。死語となるほどまでに、都内では“絶滅状態”にあったフーゾクがひそかによみがえっているという。しかも、東洋一の歓楽街で、さらに過激さを増したサービスを提供しているというのだ。さっそく記者が潜入取材を開始した!

 小さなテーブルの上にはブラックライトに照らされて、白いオシボリが奇妙に浮かび上がっていた。立ち上がれば隣席が見えるほどの低いパーテーション、大音量のBGM、店内はまるでピンサロのようだ。

 ここで“本番”が行われているのか。記者は興味シンシン、ソファでギャルを待っていた──。

「関東近県で展開していた本番キャバチェーンがやっと都内に進出したんですから‥‥。ダメ、教えませんよ。記事になったら摘発されるじゃないですか」

 仕事と趣味の区別がつかない風俗ライターは店名こそ教えてくれなかったが、いくつかのヒントをくれた。桃色の看板には「セクシーキャバクラ」と書いてあり、向かいには特徴のある居酒屋があって‥‥。歌舞伎町広しと言えど、そんな店はここしかなかった。

 扉を開け、受付で1セット40分約8000円の料金を支払う。胸の鼓動が高まる記者に男性店員が声をかけてきた。

「20分で女の子がチェンジしますが、タイプは?」

 当然、好みは「本番ができる娘」なのだが、怪しまれてはかなわない。「巨乳」とだけ答えて席に着いた。

──「失礼しまーす」

 店内の様子をうかがっていた記者の目は一点だけに釘づけになる。席の前に立っているロリギャルのTシャツがコンモリ盛り上がっていた。こちらが「どうぞ」と返事する間もなく、巨乳ちゃんは記者の膝の上に乗ってくる。すると、目の前には本物の巨乳。挨拶代わりにツンツンすると、

「ビンゴだよ~。やっぱ乳首わかっちゃう~?」

 ノーブラなのだから当然だ。適当に「G」と言うと、

「カップまでビンゴ~。ヤバくない。もしかしてオッパイマエストロ?」

 20代の巨乳ちゃんに、そんな称号までいただいたら張り切らざるをえない。Tシャツをめくり上げ、指と舌で攻撃開始である。

「アッ、気持ちイイ。もっと強くして‥‥」

 どうやら巨乳ちゃんはドMちゃんでもあったようで、先端に歯を当てるとBGMより音量の大きい歓喜の叫びを上げたのだった。

 その時、場内アナウンスが響いた。

「現在、VIP席が空いております」