記者が潜入取材!絶滅した「ヌキキャバ」が歌舞伎町で復活!(2)

記者が潜入取材!絶滅した「ヌキキャバ」が歌舞伎町で復活!(2)

2013/11/29

記者が潜入取材!絶滅した「ヌキキャバ」が歌舞伎町で復活!(2)

 90年代後半に都内で流行した「ヌキキャバ」。札幌・ススキノが発祥だが、都内では別料金を払って個室に移動するのが通常だった。

 風俗誌「俺の旅」編集長の生駒明氏が言う。

「当時、都内はセクシーパブが大流行して、差別化を図るため、個室サービスが出現。女の子によってはチップを払うと手コキやフェラ、中には本番まですることもありました。しかし、個人交渉とはいえ、風営法上は飲食店で性的サービスを行うのはグレーゾーン。石原都政下で行われた歌舞伎町浄化作戦で、都内のヌキキャバは壊滅しました」

──ヌキキャバ隆盛時のVIP席は1分1000円と法外な価格だった。すっかりデフレは進んでいたのだ。「20分2000円」という貼り紙を確認。念のため、巨乳ちゃんにも確認した。

「ゴロンして、この続きをするんだよ‥‥」

 巨乳ちゃんの上気した目はトロンとしている。間髪いれずに店員を呼んで2000円を支払う。案内されたVIP席はベッドソファになっていた。通路から死角となるように配置されている。これで、遠慮なく巨乳ちゃんの唇を奪うことができる。無言で襲いかかるが、巨乳ちゃんも準備万端、舌をネジ込んできた。もちろん、指は巨乳ちゃんの先端を離さない。

「ヤバいよ~。オッパイだけでイッちゃいそう」

 ロリ顔には似つかわしくないエロセリフに、愚息はギンギンになっている。巨乳ちゃんは当方のズボンを下ろし、パンツの中に手を突っ込んできた。手コキが始まったやさきに‥‥。

「VIP席、まもなく第1ラウンド終了です」

 今度はアナウンスがジャマをする。20分が過ぎたのだ。愚息からは別れを惜しむ先走った涙が漏れている。場内指名よろしくと財布から1000円を取り出し店員に渡す。ついでに、5000円札を巨乳ちゃんに握らせ、おねだりすると、

「いいよ‥‥」

 即OKではないか。オシボリで拭いて、巨乳ちゃんがパクリ。ホットパンツからのハミ尻をこちらに向けて首を振る。パンツの隙間から指を忍ばせるが、

「ダーメ」

 本番は即拒否なの? チップは万札にすべきだったか‥‥。時すでに遅し、巨乳ちゃんのグラインド攻撃で爆発寸前だった。たまらずタップすると、巨乳ちゃんは口を離し、ティッシュで精を受け止める。別れ際に巨乳ちゃんが言った。

「もう1つのVIP席はカーテンで目隠しされていて、そっちだと『何でもアリ』の娘もいるよ。私は怖いから断るけど‥‥」

 早く言ってよ。こちらは肩を落とし退出。扉の外では先の店員が待っていた。

「いかがでした? スレンダーな娘でサービスのいい娘がいたんですが‥‥」

 ン!? 一瞬、きびすを返した。延長戦はもちろん、もう1つのVIP席で──。

 摘発されたら困っちゃうので、これ以上‥‥。当方も仕事と趣味の区別がつかなくなったようで、あしからず。