「アナ雪」よりオヤジが“欲情レリゴー”する「女優シネマSEX」100大遺産(3)佐々木心音×桜井梨奈

芸能

「アナ雪」よりオヤジが“欲情レリゴー”する「女優シネマSEX」100大遺産(3)佐々木心音×桜井梨奈

2014/05/29

「アナ雪」よりオヤジが“欲情レリゴー”する「女優シネマSEX」100大遺産(3)佐々木心音×桜井梨奈

脱げる女優が少なくなったご時世に、作品のためならと体を張る“ツートップ”がいる。今後、日本の映画界を背負ってゆく2人の女優が全てを語り合った。

──昨年、公開された“日本初のオール・ヘアヌード映画”の「フィギュアなあなた」(角川書店)が2人の共演作。ヒロインの佐々木心音さん(23)は、これが初ヌードだったわけだけど。

心音 いや、お話をいただいて、即座に「やりまぁす!」って答えましたよ。でも撮影に入ったら、パンツをはいたのは2回くらいしかない役で(笑)。

──フィギュアに扮した「心音」を覚醒させるレズビアンの「ヒロミ」を演じた桜木梨奈さん(24)は、ヤクザにアナルを犯され、撃たれてなお死姦されるという壮絶な役柄。

梨奈 石井隆監督に「女優人生が潰れるから、やんないほうがいいよ」と言われたくらい(笑)。私も、そういうことはわかっていても「ぜひやりたいです」って伝えました。

──犯される場面ではヘアがまる見えで、さすがは「日本初のオール・ヘアヌード」を名乗った映画だけある。

梨奈 あの場面では前貼りよりもさらに小さな「中貼り」をつけていたんです。

心音 私も! 本当に小さくて、大事なところだけギリギリ隠れてるみたいな。

──さて劇中の「心音」は捨てられていた精巧なフィギュアがリストラされた青年(柄本佑)と出会い、感情を持つようになるというファンタジーな役どころ。もちろん、後半には濃厚なカラミも用意されている。

心音 私より佑さんのほうがカラミの芝居は経験なかったみたいですね。石井監督に「心音クンのほうが変態だから、佑クンはそれについていけばいいから」って。

──頼もしい女優(笑)。

心音 いえいえ、でもリハーサルは「明るいところでやってみようか」と監督に言われ、すごく緊張しましたよ。いざ本番に入ったら落ち着いてできましたけど。

──どこか「鶴の恩返し」のようなおとぎ話だけど、さすがは“芸能界でいちばんエロい体”と呼ばれるだけあって、スクリーンで悩ましい肢体が躍動していた。

心音 自分ではこんな骨太なボディで「フィギュア」に見えるんだろうかと不安でしたけど。

梨奈 そんなことない、客観的に見てもフィギュアそのもの。ずっとまばたきしない演技とか、すごいなあと思ったよ。

──そんな「ヒロミ」も、前戯なしのアナルレイプに死姦と、ハードな場面を演じきった。

梨奈 参考にしたくても、死姦なんて出てくる映画はありませんし。生きているうちにお尻から犯されるのも、どんな演技をすればいいんだろうって思いましたよ(笑)。

──そして公開されたばかりの「花と蛇ZERO」(東映ビデオ)では、天乃舞衣子、濱田のり子とトリプルヒロインで、さらにハードなSM場面に臨んでいる。

梨奈 私は「性に目覚めていく平凡な主婦」って役なんですよ。

心音 眼鏡がすっごいエロかった!

梨奈 試写を観た人に「たまってんの?」って言われたくらい、どんどん自分の性欲に目覚めていく役でした。

──団鬼六氏のSM文学の金字塔は谷ナオミや杉本彩、小向美奈子と何度も映画化されているが、3人がヒロインなのは史上初の試み。

梨奈 ハイライトは3人が同時に縛られてつり上げられる「3人連縛」です。緊縛師の有末剛先生も3人並べては経験がなかったそうで、自分の緊縛ショーにも取り入れたいっておっしゃってましたね。

──そして6月14日公開の「マリアの乳房」(アルゴ・ピクチャーズ)では、佐々木心音さんが不思議な能力を持つヒロイン・真生を演じている。

心音 肌が触れると相手の死期がわかる超能力少女で、しかも売春婦。私には珍しく年下の男の子とのカラミがあるんですよ。
─スチールからも「リードする年上の女」という匂いが伝わってくる。

心音 シーツに絡まってのカラミを私は「シーツエロ」って呼んでいるんですけど、見えてるシーンに負けないほどいやらしいです。

──両作とも期待大!