市川由衣 「ベロチュー騎乗位」で揺らした“小粒な茶乳首”を最速試写!(2)

芸能

市川由衣 「ベロチュー騎乗位」で揺らした“小粒な茶乳首”を最速試写!(2)

2014/06/11

市川由衣 「ベロチュー騎乗位」で揺らした“小粒な茶乳首”を最速試写!(2)

今回、市川の新境地となった映画「海を感じる時」(9月21日公開)は、男性に肉体をささげることで、自身の心を満たそうとする少女が大人の女へと変貌する、業の深い女の性を描いた中沢けい氏の小説が原作となっている。78年当時、大学1年生だった中沢氏が、10代の純愛と性を描いたことでセンセーショナルな話題となった作品だけに、その大胆な描写はこれだけにとどまらない。

池松が演じる洋は、当初、恵美子(市川)からのいちずな愛を拒みつつも、「私、してくれなきゃ帰れない」と嘆願されるうちに深い関係になってしまう。そして、肉欲に溺れた2人は、洋の部屋で互いの性を貪り合うのだ。

冒頭に続くSEXシーンでは、市川はさらなる大胆な行動に出る。みずから部屋の明かりを消すと、白のブラウスのボタンを外して、純白ブラジャーとスカートを脱ぎ捨てて、パンティー一枚の姿になり、池松が待つベッドに潜り込むのだ。

そのまま、池松の胸に顔を埋めると、愛情に飢えた子猫のように池松の上半身をペロペロッと舐め回す。これが呼び水になると、池松は、市川の真っ白な首筋にキス。心なしか肌が紅潮しているように見える。そして、2人はいつものように体を重ねると、最後は正常位に。挿入されると、市川の口元から軽い吐息が漏れ、一気にトーンが高くなる。

「うーん、あっ、あーん!」

男の欲棒を受け止めたまま手足をピンと伸ばし、アクメの表情を浮かべるのだった。

そして情事のあとに、タバコを吸う池松をいとおしそうに見つめる市川は、彼氏の乳首をなでながら、ピロートークに興じる‥‥2人の関係性が巧みに描かれているのだ。