伝説の肉欲ドラマで輝いた「女優100大“激”エロス」(5)「東海テレビ昼ドラ」篇

芸能

伝説の肉欲ドラマで輝いた「女優100大“激”エロス」(5)「東海テレビ昼ドラ」篇

2014/06/12

伝説の肉欲ドラマで輝いた「女優100大“激”エロス」(5)「東海テレビ昼ドラ」篇

真っ昼間から男女の濃厚な「まぐわい」を見せつけ、視聴者に衝撃を与えてきた東海テレビ制作(フジテレビ系で放映)の昼ドラ。時には深夜ドラマ以上のハード描写もこなしてしまう、昼ドラ女優たちの心意気あふれるエロスを再生する。

過激すぎて苦情が殺到する一方、初回視聴率は昼ドラとしては異例の9.6%を記録し「この時間帯になるとスーパーから主婦が消える」という噂まで流れた「幸せの時間」(12年)。第1話で主演の田中美奈子(46)と夫役の西村和彦がベッドインするが、のっけから飛ばしているのだ。

夜、夫婦の寝室で同じベッドに入る2人。

「ハァ‥‥ハァ‥‥だめよ、あなた、そんなことしたら。子供たちに声が聞こえちゃう‥‥」

眉間にシワを寄せアエぐ田中の太腿の間から、西村が顔を上げる。丹念にクンニしていたのだ。

「ハァン、あぁん!」

たまらず部屋の外まで艶声を響かせる田中に、西村も「今夜のお前はホントにすごい」と大興奮。そのまま激しい正常位で突かれながら、むさぼるようなディープキス。

「ンンッ、アァンッ、ハァン」

AV女優さながらのイキっぷりを見せる田中だが、夫の不倫相手役の神楽坂恵(32)も負けていない。西村と、時にはガマンできず玄関で激しい立ちバックしたかと思えば、またある時はパンティ1枚で西村の前に立ちはだかり、

「あなたも私も欲しがってる。ほら、こんなにぃ!」

と、西村の股間をムンズとワシづかみにする。

極め付きは“裸エプロンプレイ”だ。全裸にエプロンのみの状態で、唇や全身にバターを塗られ、「ペロペロ!」と犬のように西村がくまなく舐め回すのだ。

こんな東海テレビ昼ドラの過激路線は今に始まったことではない。元祖と言うべき作品は、横山めぐみ(44)主演の「真珠夫人」(02年)だった。貞操を守り続ける女性を演じているのだが、やはり性欲には勝てず、

「何だかあたくし、苦しくて‥‥ごめんなさい、あたくし‥‥」

そう言って会合から席を外す横山。上気した表情で個室の椅子に座ると、妄想で描いた恋人の姿が。

「ハァ‥‥ハァ‥‥直也さん、はああ、直也さん!」

着物の胸元に手を入れゆっくりまさぐり、みずからの乳房を慰める。太腿はキュッと閉じ、アソコへ圧力をかけているのがわかる。そして目が潤みだすと、

「直也さん!ンッ‥‥!!」

みごと絶頂まで演じきった横山は、快楽の余韻に浸るのであった。

「真珠夫人」人気に勢いづいた東海テレビが制作したのが、「牡丹と薔薇」(04年)だ。そこでは、今でも語り継がれる大河内奈々子(36)の濡れ場がある。夜道を歩く大河内に忍び寄る、男3人組。いきなり彼女に襲いかかり、口を塞ぎ、ビリーッと服を破く。

「いやあああ!」

突然押し倒される大河内。抵抗むなしく、男はスカートの中に手を突っ込み、パンティだけ抜き取る。そして馬乗りになり、男はチャックを下げる。

「いやあああああ!」

大河内の叫びは、それまでおとなしい役柄が多かっただけに、そのギャップにお茶の間が震撼したのだ。

これにならうように、近年は安達祐実(32)が「娼婦と淑女」(10年)で子役からの脱却を図るべく、着物を脱いでの全裸ファックに挑んでいるが、その上をいくのが、やはり元子役で、NHK朝ドラで注目された双子姉妹、マナカナの姉の三倉茉奈(28)だろう。「赤い糸の女」(12年)で、イメージを一新する騎乗位を披露したのだ。意中の男とホテルへ行くと、すばやく服を脱ぎ捨てベッドへ向かう。

「ねえ、早くぅー」

甘えた声を出し、男がそばに来ると、「待ち遠しかった! 毎日でもしてほしい」

とおねだりする淫乱っぷり。そして抱き合い、唾液にまみれた激しいキス。

「あぁん! アァァ‥‥ふぅん!」

一糸まとわぬ姿で男にまたがり、激しく上下と前後左右に揺らされまくる。

あの子役が1人の女になった──そんな「感動」を覚えてしまう名シーンだ。