テレ東系2年目女子アナ「ナンパAVでフェラ」裏バイトの衝撃映像(2)最後は亀頭にチュッとキス

芸能

テレ東系2年目女子アナ「ナンパAVでフェラ」裏バイトの衝撃映像(2)最後は亀頭にチュッとキス

2014/06/18

テレ東系2年目女子アナ「ナンパAVでフェラ」裏バイトの衝撃映像(2)最後は亀頭にチュッとキス

では、うたい文句に誘われるがままに気になる中身をじっくり検証してみよう。

冒頭「草食男子meets肉食女子」と銘打たれたビデオでは、女性と会話するのが苦手で、どうしても唇のしぐさに見入ってしまうという“舌ベロフェチ”というフレコミのナンパ師が、進行役を務める。そして、この男の悩みを、素人女子が解決するという企画だが、そこはAVだけに“エロエロな”内容が満載なのだ。

「こんにちは~」

ショッピング中なのか、買い物袋を提げた姿でワンボックスカーの後部座席に着席する。

「あやなです。受付嬢やってます。22歳です」

ハキハキした声で自己紹介するのは目鼻だちがクッキリとした女優の杏に似た美女。当時、有名国立大学に通う才媛だった博美さんだ。花柄のミニスカートにふんわりしたブラウス姿という清楚ないでたちは、やはりそのへんの女子大生とは一線を画す“華”を感じさせる。その後、博美さんが男の悩みに耳を傾けながら、アドバイスをする唇がアップになるのだが、かなり肉厚で、何ともいやらしい。

「エヘヘ、(唇を)見られてるのかなぁ~、でも胸とかジロジロ見られるよりも、よくないですか?」

と、博美さんが性に寛容な姿勢を見せるや、ナンパ師はすかさず冒頭のスケベアメを差し出し“疑似フェラ”ショーを所望。すると、恥じらう様子もなく博美さんは、冒頭のようなあられもない痴態を繰り広げるのだ。

その舌使いは、男のツボを心得たような感じで、アメをイチモツに見立てると、カリや亀頭部分を丁寧に愛撫するようなネットリとしたフェラ舌技に、見ているこっちは、「辛抱たまらん」状態に。だが、ここでプレイを終了するわけにはいかない。ナンパ師はなおも食い下がり、博美さんの潜在的なエロスを次々と引き出していく。

男に、さらにアメを舐めるよう促されると、今度はカリ首部分まで、軽く口先で含んでから、ゆっくりと吐き出す。この緩急の効いたストロークが何回も繰り返される。

「アハァ、おいしいですね、アメ」

おしゃぶりしながらグルメレポートのように話す博美さんのコメントは、もはや女子アナとしての“研修”と言えなくもないが、フェラテクのほうは、4年前の時点ですでに合格点の腕前だ。

口に含んでは吐き出す動作を繰り返しながらも、アメから口を離す間際に、舌先でカリの部分をレロ舐めする艶かしさは、20 歳そこそことは思えない熟練ぶり。さらに、サービスカットとばかりに、屹立したイチモツよろしく、垂直にくわえ込まされると、サオ部分に舌先を伸ばして舐め上げる。そしてトドメとばかり、アメを横向きに持ち替えると、口をすぼめ横笛を吹くように舌先をはわす。まさに縦横無尽にツボを得た舐めテクを披露するのだ。

ノリノリでアメをしゃぶり倒す様子にナンパ師がコメントを促すと、

「すごーくおいしい、ウフフ」

艶っぽい食後のレポートをしたあとは、またもやズルスポっと飲み込むのだ。すると、

「かみひゃくなっちゃう~」

と意味不明な発言。アメを口から離すと、

「かみたくなっちゃう」

もはや彼女のセリフからは、博美さん本人がふだんからかなりのフェラ好きであることがまるわかりである。

そこで、ナンパ師はディープスロートよろしく、博美さんにアメ棒をノド奥までくわえ込ませる。

「手が動いてる。もう無理ッ!」

と、いったんは拒絶する博美さん。それでもあまりの舐め達者ぶりに、

「うまいですね。ほめられたことは?」

とおだてられると、真顔でこう答えるのだ。

「ないです。普通です。感想を求めないです」

さらに、「リアルにやったのはいつ?」と下ネタを振られると、

「エェッ、半年前くらい、かな」

と、プライベートのSEXライフまで、あっけらかんと明かすのだった。

「その半年前を思い出しながらお願いします」

そう催促されると、博美さんは再びカリ首をパクッ。ヌル~と唇を滑らし、最後は亀頭にチュとキスをして、

「もー、限界~」

とソファに倒れ込み、プライベート感全開の“生舐めショー”は終了した。