二宮沙樹「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 どうしても撮られたくない“穴”があるんです(笑)

二宮沙樹「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 どうしても撮られたくない“穴”があるんです(笑)

2015/01/27

二宮沙樹「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 どうしても撮られたくない“穴”があるんです(笑)

下半身にビタミンHをお届けするアダルト美女のスケベトーク。これぞ“癒やらし~”女優。ほっこり勃ち読みさせちゃいます。

-10年選手になったね!

沙樹 あっという間だったし、言われたらそうだなっていう程度で、まったく実感ないんですよ~。

-そのとおりでホントに変わってない。今でもセーラー服、イケるでしょ?

沙樹 いやぁ、さすがに制服は着れないかな。5年目くらいから急にオーダーが減りました(笑)。体形とか気持ちはほとんど変わってないんですけどね。

-25歳過ぎまでセーラー服を着てたことがスゴいよ(笑)。しかし、気持ちが変わらないってのも珍しい。

沙樹 流れに身を任せるタイプで、あまり気持ちの変化がないんですよ。

-AVをやめたいと思ったこともなかった?

沙樹 あった気もするけど覚えてないなぁ(笑)。撮影は大変だけど、お仕事だから当たり前だし‥‥。最近はイヤなことも全然ないし、まだまだイケます!

-これぞ天然ポジティブってやつか。

沙樹 あっ、ひとつ思い出した。キモメン(キモいルックスのオヤジ男優)さんたちとセックスするっていうのがあって、それは前日から少しイヤだな~ってヘコみました。当日もキモメンさんたちが近寄ってくると「うわ~」って(笑)。でも、始まったら皆さんすごくいい人で、楽しくエッチできました。

-楽観的だなぁ(笑)。撮影は今のほうがラク?

沙樹 いえ、逆です。たぶん今デビューしたら10年続かなかったと思う。私とかはデビューした時代がよかったんでしょうね。

-何でそう思うの。

沙樹 今より物が売れる時代だったことかな。エッチな本もいっぱいあったから、自分の宣伝とかも今より断然しやすかったです。

-撮り下ろしグラビアも多かったしね。

沙樹 そうですね。カメラマンさんが試しに撮るポラをもらうのがうれしかったなぁ。あれを見ると、どんなふうに撮られてるかわかるから気合いも入ったし。

-カメラもフィルムだったし、デビューの頃はまだビデオじゃなかった。

沙樹 そうでした。思い出してみると、撮影はけっこう雑でしたよね(笑)。

-なはは。雑だった?

沙樹 男優さんがどうしても勃たない時は、エッチも精子も全て疑似で済ませちゃったりしてましたよ。今は絶対にセックスしなくちゃいけないし、発射まで本物じゃないと終わらないから。そういう意味でも今のほうがきちんとしてるし、すごく大変です。

-なるほどね~。

沙樹 でも、やりがいは今のほうがありますよね。昔は何であんなに適当だったんだろう‥‥(笑)。

-モザイクが大きかったからね。最初はアナルとかも隠れてたでしょ。

沙樹 そっか~。そういえばレンタルからセルに移ったら、カメラにやたら股間を撮られるからビックリしたことがあった。

-初めて尻の穴とかチ○ポの抜き挿しまで撮られるのってどうだった?

沙樹 自分の作品を何度も観てたら少しイヤになってたかも‥‥。だって、他人にじっくり見せる部分じゃないし(笑)。

-沙樹のオマ○コにチ○ポが出入りする光景で何度もヌイてるよ、オレ。

沙樹 いやぁあああ!

-今のAVナイス(笑)。そんな穴という穴を撮られた今はもう慣れた?

沙樹 う~ん、お尻の穴とかは見られても大丈夫になりましたけど、鼻の穴だけは今でもイヤかも~。

-なははは。その穴か!じゃ鼻フックなんてNG?

沙樹 ぜぇーったいに断ります(笑)。そういう意味でも今はラッキーですね。メーカー専属だと看板シリーズには出なくちゃいけなかったけど、キカタンだと作品を選べるから。

-なるほど。でも撮影内容のレベルが上がって、体力的にはキツくないの?

沙樹 いやぁ~キツイですよ(笑)。それでも最近は責めることが増えて、自分本位のエッチができるから、何とかなってるけど。

-年下の男優も出てきたんじゃない?

沙樹 チラホラいますね。

-やっぱチ〇ポのイキのよさが違ったりする。

沙樹 それは年齢と関係ない気がする。それより、年下に囲まれると、私も年取ったなぁと思います(笑)。

-やっぱ10年なんだよ。

沙樹 そうですね。ふだんはこんなこと考えてないけど、思い返すといろいろあるものですね(笑)。


◆プロフィール 二宮沙樹(にのみや・さき)T158、B83・W60・H86。1985年4月10日生まれ。29歳。04年12月にデビュー。10年頃までは「お兄ちゃん」の決めゼリフと女子高生役で、その後はキレイなお姉さん役で絶大な人気を誇る。12月のホノルルマラソンで4時間30分を切り、自身最高タイムを更新したとか。


関連商品