中国「セックス文化大革命」驚天事態をスパイ暴露する! vol.1「地下鉄車内で堂々とフェラ」

夜ネタ

中国「セックス文化大革命」驚天事態をスパイ暴露する! vol.1「地下鉄車内で堂々とフェラ」

2015/10/12

中国「セックス文化大革命」驚天事態をスパイ暴露する! vol.1「地下鉄車内で堂々とフェラ」

未婚の男女が部屋で2人きりになっただけで罰せられたという“禁欲国家”中国のセックス文化に「革命」の波が押し寄せている。デパートの試着室や地下鉄で若いカップルが情事にふけり、街頭モニターには日本のAVがタレ流される始末。現地にいなければわからない驚天のエロ実態を「爆バラし」する!


お隣の中国では、10月1日から建国を祝う国慶節に突入。中国人観光客が7日間の大型連休に大挙して来日し、「爆買い」に精を出している。だが、彼らが買いあさるのは日本製の家電や医薬品に限らない。風俗ライターの太田すがも氏が語る。

「中国人客の受け入れを始めた都内の高級ソープ店には予約が殺到。中国語対応のサイトを開設したことで、今年2月の『春節』の連休に、売り上げを倍増させたソープ店もあります」

風俗業界もまた中国人バブルに沸いているようだ。その背景には中国での根強いAV人気がある。「中国のもっとヤバい正体」(フリンジブックス)などの著書がある中国人漫画家の孫向文氏が言う。

「日本でリリースされたAVはすぐに中国で海賊版として出回り、(日本円に換算して)1枚数十円で手に入る状況。素人熟女モノやロリ系の企画作品も、人気が高く、その知識は日本人以上かもしれません。都市部の成人男性に、『蒼井そら以外の現役AV女優を10人あげてください』と聞けば、大半がスラスラと答えるでしょうね」

日本のAV女優に強い関心を抱くのも、中国人女性には何かと「禁止事項」が多いためだという。

「本命の彼氏でなければ絶対にキスしないと考える女性が多いため、『接吻はお金では買えない』とよく言われます。フェラも、日本と比べて抵抗感は強い。最近になって、口でのサービスを盛り込む風俗店も出てきましたが、場合によっては料金が性交以上に高額になることもあるようです」(前出・孫氏)

念願の濃厚サービスを日本の風俗店で満喫する中国人客。だが、一方で水面下ではトラブルが頻発している。

「最も多いのはデリヘルでの本番強要。中国人には素股での発射が理解できないようで、『外国人だと思って手抜きしている』と難癖をつけてくるそうです」(前出・太田氏)

風俗嬢にとっては盗撮行為も悩みのタネだ。

「お金を払ったから好きにしていい、という意識が強く、堂々とスマホを出して裸を撮る中国人客は珍しくありません」(前出・太田氏)

ことエッチになると周囲が見えなくなる中国人たち。本国に目を向けると、驚天のセックス実態が浮かび上がってきた。

「中国にはラブホがいくらでもあるのに、若いカップルは節約のためか場所を選ばずにヤル風潮がある」

こう話す中国在住の商社マンは、地下鉄車内で衝撃の光景を目にした。

「ふと前の座席を見ると、女性が男性の股間に顔を埋めていたのです。肝心な部分は、上着で覆って見えないようにしていましたが、周囲にはバレバレでした」

しかも、この口淫カップルとの遭遇は、単なる偶然ではなさそう。

「エッチ動画を意味する『不雅視頻』というキーワードでネット検索すると、地下鉄のホームや車両の連結部分で胸をもんだり、アレをシゴかせているワイセツ動画が無数に出てきました。過激さでは日本のAV以上です」(前出・商社マン)