中国「セックス文化大革命」驚天事態をスパイ暴露する! vol.3「「愛人撃退屋」に依頼が殺到」

夜ネタ

中国「セックス文化大革命」驚天事態をスパイ暴露する! vol.3「「愛人撃退屋」に依頼が殺到」

2015/10/14

中国「セックス文化大革命」驚天事態をスパイ暴露する! vol.3「「愛人撃退屋」に依頼が殺到」

未婚の男女が部屋で2人きりになっただけで罰せられたという“禁欲国家”中国のセックス文化に「革命」の波が押し寄せている。デパートの試着室や地下鉄で若いカップルが情事にふけり、街頭モニターには日本のAVがタレ流される始末。現地にいなければわからない驚天のエロ実態を「爆バラし」する!


町なかでヌードに遭遇するのは裸奔に限らない。もはやテロとも呼べる過激パフォーマンスが頻発しているのだ。

「東京の渋谷の交差点にあるような街頭の大型モニターに、突如としてAVのエッチなシーンが流れることがあります。決して故障ではなく、何者かがモニターをスパイウェアでハッキングして、自身の携帯端末からAVを再生させているのです」(前出・孫氏)

とはいえ、周囲の反応はいたっておおらかだ。

「イタズラ犯が警察に捕まったという話は聞いていません。街頭ポルノに遭遇した人にも怒りの感情はなく、『またか‥‥』とニヤニヤする程度。むしろ、禁止されているポルノを公衆の場で堂々と見ることで、ガス抜きにしているムキもあります」(前出・孫氏)

夫婦間の貞操観念にも大きな変化が表れている。かつて、不倫などの婚外セックスは、中国では大きなタブーとされた。

「『人間のクズ』のレッテルを貼られ、逮捕されることもありました。農村部では不倫関係にあった男女2人を裸のまま布団に縛りつけて、見せしめに車で村中を引き回すこともありました」(前出・邱氏)

ところが現在は、多くの富裕層男性が愛人を抱えている。それを裏付けるのが、新ビジネス「愛人撃退屋」の台頭だ。

「愛人の存在を感じ取った妻が、関係を引き離すために依頼します。『撃退屋』は、わざわざ愛人の勤め先に就職したり、隣に引っ越すなどして親密な関係を築くのです。もちろん愛人に正体を明かすことはありません」(前出・邱氏)

撃退屋と物騒な看板を掲げてはいるが、手荒いマネはしないようだ。

「愛人であることのマイナス情報を吹き込んで別れさせるのです。時には目の前でニセの金持ちと愛人カップルに喧嘩をさせたり、愛人役の女性が見知らぬ人に殴られるという芝居をさせることもあります。秘密保持は徹底していて、愛人から別れを切り出された夫が、別れた真相を知ることはありません」(前出・邱氏)

最低報酬は諸経費を含めて日本円で1000万円弱と高額だが、問い合わせが殺到しているという。

「高級官僚の中には、わざわざ国外に別荘を買って、そこに愛人を“退避”させて財産や建物を管理させるツワモノもいます。アメリカのある地域は、そうした女性ばかりが住みついたことで“愛人村”と呼ばれています」(前出・孫氏)

夫が外で女を作る一方で、妻は大人のオモチャで性欲を発散させている。

「世界に流通するアダルトグッズの7割は中国で生産されていると言われますが、女性による“消費量”も確実に増えています。どんな田舎町に行っても必ず1軒はアダルトグッズ店があるほど普及し、欲求不満の人妻が堂々と売れ筋のバイブを買いに来るそうです」(前出・サカイ氏)

男も女も、老いも若きもフリーセックスを謳歌する中国。「性革命」の波はますます激しくなりそうだ。