市川まさみ ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 アノ美人社員が退社してAV女優に専念

市川まさみ ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 アノ美人社員が退社してAV女優に専念

2016/03/15

市川まさみ ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 アノ美人社員が退社してAV女優に専念

AVメーカーに勤務しながら現役社員としてAV出演していた市川さんがついに退社を発表。女優転身への意気込みを聞いた。


-どんなOL時代を?

まさみ ふだんは宣伝部に勤務して、店舗様におうかがいしたり、イベントの司会をしていました。あるバラエティ番組でうちの女優さんを紹介するコーナーがあって、そこでなぜか社員の私が大きく取り上げられてしまったんです。それをきっかけに「見たい!」という声をたくさんいただいて、私もユーザー様のためならと‥‥。

-SODを退社して、AV女優に専念だ。

まさみ 女優さんとしてのお仕事も増えていく中で、OKとしての業務もおろそかにしたくなかったんです。でも、両方100%は難しいので、やるからには、どちらの道か選ばなければと思ったんです。

-我々的には、やっぱりAVで突きつめてほしい!

まさみ 自分もそっちで頑張りたいなと。ただ、やるなら大好きなSODでやりたかったんですね。それ以外ならもう業界を離れようと。そうしたら会社の上の人から単体レーベルでやってみないかと言われて‥‥。

-でも、社員がいきなりAV出演ってのもありえないよね?

まさみ 普通は(笑)。撮影スタッフも前から知ってる会社の同僚ですから。そんな中で、最初に脱いだ時は本当に恥ずかしかったです。逆もまたしかりで、「いっちー(市川の愛称)のAVは見られない」って言う同僚もいます。

-究極の羞恥プレイだ。

まさみ 最初は裸になるのに時間かかりましたけど、「時間が押さないようにしないと!」って思うとポンポン脱げますね(笑)。かなり割り切れるようになりました。

-AV女優の仕事を始めて1年、成長した?

まさみ プライベートではあまり経験がなかったので、いろいろうまくなったんじゃないかなと思います(笑)。仕事上、AVは見てたので「あっ、これ女優さんがやってたな」って思い出しながら実践してみたりしました。

-見るとヤルのでは大違いでしょ?

まさみ 特に顔射は本当に難しかったです! 飛ばしたいところに飛ばないんです。シコシコしてピュッと出る瞬間、顔で受けられず横に飛んじゃったりして。そういう時は本当に申し訳ない気持ちになります。

-それ、市川さんのせいじゃないから! 気持ちいいツボが増えたりも?

まさみ そうですね。今は背中。直接触られるよりも、フッと息をかけられるとゾクゾクしちゃいます。もともと想像でドキドキするタイプなので、見られないところからイジられるほうが興奮しちゃうんですよ〜。ヘンタイですね(笑)。

◆プロフィール 市川まさみ(いちかわ・まさみ)162センチ、B81・W61・H91 1991年7月10日生まれ。24歳。
SOD宣伝部社員として人気バラエティ番組「ゴッドタン」に出たところ注目され、社員としてAVデビュー。3月よりレーベル「SODstar」の一員としてAV女優一本に。趣味はサバイバルゲーム。


関連商品