観月 奏 ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 ストリップは高校時代から憧れの仕事

AV女優

観月 奏 ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 ストリップは高校時代から憧れの仕事

2016/03/22

観月 奏 ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 ストリップは高校時代から憧れの仕事

Eカップの爆乳ボディで劇場のファンを魅了する現役ストリッパーがAVデビュー。聞けばまだ19歳! 早熟すぎるエッチ遍歴をまる裸にしちゃいます。


-高校時代からストリップに憧れてたんだって?

そうなんです! 高校生の時にストリッパーの方を追いかけたドキュメンタリー番組を見たのがきっかけですね。いろいろ調べているうちに浅草ロック座に行きたくなって。でも高校生は入場できないでしょ? 卒業してようやく劇場に行ったら「キレイだな〜」って感動したんです。

-そこで出ようと決めたのもスゴイね。

もともと興味があったんです。そういう業界の方たちって、ツイッターとかやってるじゃないですか? アップされた写真を見て「かわいい子多いな」って思ってたから、抵抗はなかったですね。バレエをやってた経験もストリップに生かせるかなって。

-でも、バレエじゃ裸にならないからねえ。

そうなんですよ〜。今でも舞台に立つと「あっ、そうだ! 脱がなきゃ」って焦ったりして(笑)。練習ではあまり脱がないんですよね。それに花道の先の盆(円形のステージ部分)に上がったあとの踊りは、自分で考えなくちゃいけないから、新人は大変ですよ。

-客の視線もバレエとは全然違うでしょ。

違いますね〜! バレエとは別の意味でシビアだなと思いました(笑)。

-指先から乳首の先までジロジロと(笑)。

バレエの世界では経験しなかったポーズも多くて。股間を強調させるのとか‥‥。ちょっと葛藤もあったりもするんですけど。

-ストリップの世界はどう? 若手が楽屋の掃除とかするんでしょ?

想像以上に体育会系ですね。浅草らしい〝芸事〟の世界なんだって思いましたね。歴史の重みを感じるというか。

-でもストリップからAVデビューって珍しいよ。

私、踊り子としてのプレデビューがSODさんのイベントだったので、それをきっかけに声をかけていただいて。私も興味あったし、いいかなって。

-AVだと大人っぽいけど、実際に会うとかわいい感じだね。

ありがとうございます! 劇場の姐さんたちには、「踊ってる時はドヤ顔」って言われます。舞台でも袖からニヤニヤして笑わせようとするんですよ(笑)。

-今後は踊りだけじゃなくてエッチも求められるけど?

ふだんできないことができるのが楽しみで‥‥。プライベートだと3Pとか絶対できないじゃないですか? 凌辱とかもないし‥‥。高校時代からヤッてみたいな、って思ってました!

◆プロフィール 観月 奏(みずき・かえで)154センチ、B85・W58・H83 1996年7月15日生まれ。19歳。
昨年9月の「SODプレミアムナイト」でストリッパーとして初舞台を踏み、浅草ロック座で本格的にデビュー。今年1月に発売されたAVデビュー作「私の職業、何だか分かりますか?」(SODクリエイト)が話題に。


関連商品