ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.99 新宿・耳かき&回春エステ 本気で感じてしまう「蒼井優似24歳セラピスト」全裸手コキで天国へ!

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.99 新宿・耳かき&回春エステ 本気で感じてしまう「蒼井優似24歳セラピスト」全裸手コキで天国へ!

2016/04/07

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.99 新宿・耳かき&回春エステ 本気で感じてしまう「蒼井優似24歳セラピスト」全裸手コキで天国へ!

風俗未経験の女性たちが、リーズナブル料金で回春マッサージを楽しませてくれて、しかも全裸お触りOKのエステ店が新宿にあるという。女性のレベルも高いと聞かされ、さっそく捜査を開始!


噂のお店は、新宿歌舞伎町・耳かき&回春エステ「フェアリー」(03-3207-5138/10時~24時/30分5000円~ ※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと50分8900円の特別コースが楽しめる)。

受け付けを済ませると、レア出勤の超人気セラピストがお相手してくれるという。

「とにかく、誰からも好かれます。ご対面した瞬間、プレイへの期待が高まることは間違いありません」

スタッフが絶賛する、西村りなちゃん。どんなお嬢さんがやって来るのか?

ホテルに入り、シャワーを浴びたあと、ご対面。本当にかわいい。24歳というが童顔で、蒼井優に似ている。

「どっちかというと、西野カナと言われることのほうが多いです(笑)」

現役のエステティシャンで、男性を相手するのは初めて。2カ月前から、週2ペースで出勤している。

「ということは‥‥もうチ○コに慣れました?」
「だいぶ(笑)。私、経験が少ないから、オチン○ンに大きいのと小さいのがあるのを知らなかったんです。だから最初の頃は『こんなにも大きさが違うの!』ってビックリして」
「大きいのを見ると、濡れちゃう?」
「それ聞きますか(笑)。いちおう、替えの下着を用意するようになりました」

トイレに入ったりなちゃんはノーブラ、ブラウス、Tバックの施術スタイルに変身。うつ伏せを指示されると、アロマオイルマッサージがスタートした。

本物のエステティシャンだけあって、マッサージも本格的。事前にカルテへ記入したとおり、凝り気味な背中、腰、太腿を心地よくほぐしてくれる。

「りなちゃんは、最近エッチしているの?」
「ないです。もう1年以上、彼氏いないから。長くつきあうので、3人としか、したことないんです」

「でも、長くつきあうと飽きちゃうから、お尻に入れたりしちゃうんだよね」

「‥‥試したことはあります」

あるんだ。

「痛くて無理だったけど。何でも、言われたらしちゃうタイプなので」

いいコなのだ。

「好きな体位は?」
「う~ん、バック」

そうきましたか。
回春マッサージは、よつんばいからスタート。りなちゃんは脚の間に正座し、太腿周辺からお尻の中心へと軽やかに指をはわす。

ナニがムクムク起き上がってくると、いやらしく爪先を立ててきた。

「すぐ硬くなりましたね」
「こんなかわいい方に触られたら、硬くなりますよ」
「うれしいです(笑)。ここも気持ちいいですか?」

袋をやんわりとなで回す睾丸マッサージだ。

「あっ、気持ちいい~」
「はい、いやらしいお汁が出ていますよ(笑)」

あおむけになると添い寝スタイルで、いじってくれる。お店の魅力は、エステなのにタッチOK。待っていましたとばかり、ブラウスの上から柔らかな乳房とコリッとした乳首、Tバックの上からアソコの盛り上がり、すべすべしたお尻の感触を、存分に楽しませてもらった。

「いやらしい手つき‥‥変な感じになってきました」

りなちゃん、かなりの敏感さんで、指先の動きに合わせ、ビク、ビクと体を震わせる。クリを探し当てて念入りになで回していたら、指先にジンワリと温かいものがにじんできたのが伝わってきた。

「濡れているの?」
「‥‥わからないです。でも、替えの下着は用意してありますから」

その恥じらう姿を見て、思わずオールヌードのオプションを発注してしまう。「アソコへの直タッチ」の料金までは、持ち合わせていなかったのが、何とも残念だ。

「え~っ、写真も撮られちゃうんですよね?」
「もちろん」
「じゃ、キレイに撮れたら私にもくださいね」
てれ笑いを浮かべながらブラウスのボタンを外し、Tバックを脱ぐとスリムなボディで、プリッとしたお尻がかわいらしい。濡らしたTバックを慌ててバッグの中にしまうしぐさは、もっとかわいかった。Yの字を描くナチュラルヘアで奥のものがよく見えないのが残念。と思っていたら、69のスタイルになろうとする。

「私だって、恥ずかしいんですよ。けど、せっかくオプションを入れてもらったので‥‥」

誰にも好かれる理由がわかった。目の前に差し出されたアソコは小さく、しっかり閉じられている。

「お客さんにも、よく言われるんです、『僕の親指ほどもない』とか」

確かに、あまり見かけない小ささ。直接触れないので、両手でお尻を開くと必然的にアソコも開き、ネトーッと糸を引きながら、ピンクの肉ヒダがあらわに。

「かなり濡れてますね?」
「だって、しかたないじゃないですか~」
「穴も小さい。これ、超名器でしょう?」
「‥‥初体験が中3だったんですけど、ちゃんと入らなくて失敗したんです。童貞と処女だったから」

すっかり元気になったナニを手でしごきだした、りなちゃんのお尻に力を込めて、アソコをパクパクさせていたら、彼女の口から甘いうめき声が漏れ始めてきた。

「あ~ん、仕事とわかっていても‥‥気持ちいい」
「どこが?」
「‥‥オマ○コ」
「みんな、ここを舐めたがるでしょう?」
「『ダメ~ッ』って止めます」
「だったら、触らないからって、匂いをかぎたがる人もいるんじゃないの?」
「いっぱいいます」
「では、さっそくかぎますよ‥‥あらっ、濡れている匂いがする」
「いや~、あっ、今、ビクビクってした」

りなちゃんの匂いに、しっかり高まってしまった。

フィニッシュは太腿にまたがって、ジョリジョリ、プニュプニュしたアソコを前後にこすりつけながらのローション手コキ。直接オッパイをいじらせてもらったため、乳首はコリコリに硬くなっていた。

「皆さん、すごくいじってくれるから、何か色が濃くなったような気がするんです(笑)」

ヘアは触ってもいいと言うので、ギリギリまで指先を伸ばしてみる。

「ここはアソコじゃないですよね」
「‥‥ギリギリだから、いいんですけど、クリが引っ張られる感じが‥‥」
「気持ちいいんだ?」
「‥‥はい、久しぶりの出勤なので。ああ~っ」

そのアエギ声に、みなぎりは最高潮。りなちゃんも堪えきれなくなったのか、指先の動きが激しくなる。

「あっ、出ちゃう~」
「出してください、いっぱい出して~」

遠慮なくいっぱい出すとりなちゃんは、丁寧に拭いてくれたあと、寄り添いながらポツンとつぶやいた。

「私も思いっ切りイキたいんですよ‥‥でも、お仕事中だから」

ヌルヌルのアソコを拝見していたら、またこのお店に来たくなった。


チェックポイント
接客には慣れたが、体はまだ「仕事」に慣れず、どうしても感じてしまう‥‥そんなウブなリアクションを見せてくれる風俗未経験の女性とのプレイは、とても新鮮。本格的なマッサージはもちろんのこと、ギリギリまでお触りOKというのもうれしいかぎり、身も心もすっかり癒やされた。


西村りな(24)T152、B83(B)・W58・H84
清楚なルックスで明るく爽やかな性格。だがプレイに入ると感じやすいボディが、本人の意思とは無関係にエロく反応してくるのがうれしい。


耳かき&回春エステ フェアリー

耳かき&回春エステ フェアリー (新宿 渋谷)