清原が通った「連れ出しパブ」に大潜入

夜ネタ

清原が通った「連れ出しパブ」に大潜入

2016/10/25

清原が通った「連れ出しパブ」に大潜入

あの清原和博が通っていた「連れ出しパブ」を歌舞伎町で発見! シャブ事件以降、清原自身は鳴りを潜めてい
るが、こちらの裏風俗は現役バリバリ。潜入取材を試みると、魅惑の中国小姐たちが熟したボディをさらして本サービスを提供していた。バックスクリーン目がけ、フルスイング昇天ルポや~。


「いかがですか、今日、お飲みのほうは? もう決まってますか?」
「2軒目、どうでしょう、おっぱいでッ!」

歩道にあふれる客引きがひっきりなしに声をかけてくる。ここは、新宿・歌舞伎町。さすが、東洋一の歓楽街と呼ばれるにふさわしい盛況を見せている。

キャバクラやおっパブの誘惑を背にネオンの看板を見上げ、一つずつ確かめながらゆっくりと歩く。目的の店はごくあっさりと発見できた。

「この店で清原が‥‥」

これからの展開を妄想した本誌潜入記者の股間のバットに、にわかにグッと力が入るのだった。

今年2月に覚醒剤所持で逮捕され、5月に執行猶予付きの有罪判決を受けた清原和博(49)。騒動以後、本誌は「乱交キメセク」(2月18日号)や「老舗ソープで炙り入浴」(2月25日号)と、清原のセックス行状を報じてきたが、ここにきてまた新たな情報を入手。清原が逮捕前に通っていた「裏風俗」があるというのだ。

「歌舞伎町の『X』っていう中国人パブだよ。セット料金に上乗せすれば、気に入った女の子とホテルで本番ができる、いわゆる連れ出しパブだね」

そう証言するのは、同じく歌舞伎町に店を構える飲食店関係者である。自身も「X」を利用したことがあるそうで、

「店は60~70人くらいのキャパでかなり広くて、一見すると〝連れ出し〟なんてできないような、普通のクラブ風の内観。ママと話していて、『逮捕される前に清原が来ていたよ』と言ったのを聞いたんだよ」(前出・飲食店関係者)

清原が通っていた時期は、「週刊文春」が最初に薬物使用疑惑を報じた14年3月以降のことだという。当時は野球解説やバラエティ番組出演などの仕事が激減し、毎日のように飲み歩く生活を送っていた。清原の闇交友に詳しい事情通によれば、

「慰謝料の支払いなどで困窮していた清原を、金銭面で支援していたのが、清原の弟分とも言うべき存在で、六本木でサパークラブを経営しているI氏。現役時代にI氏の店で知り合い、お互いにプロレス好きだったこともあって意気投合したらしい」

銀座や六本木に夜な夜な繰り出していた清原の傍らには、常にI氏がいたという。歌舞伎町も、そんな〝遊び場〟の一つだった。

「歌舞伎町には行きつけの韓国料理屋があって、10日に一度のペースで顔を見せていた。夜6時の開店直後に来ることが多く、いつもI氏が一緒だった」(前出・事情通)

韓国料理で食欲を満たした清原は、その足で連れ出しパブ「X」に向かったのだろうか。のちに知るのだが、確かにその店には、2人の共通の趣味である格闘技ゆかりの品が展示されていたのだ。

「X」はスナックやキャバクラなどがひしめく雑居ビルにあった。

エレベーターでは、コンビニの袋を提げた、いかにも水商売然とした細身の女性と一緒に。年の頃は30代後半で、女優の吉田羊に似て、なかなかの美熟女だ。少し濃いめの化粧が、色気を際立たせている。

くしくも彼女と同じフロアに降り立った。吉田羊似が「X」のドアに入る。美熟中国小姐への期待感から、徐々に高ぶってきた潜入記者。もはや気分は、長渕剛の「とんぼ」をバックに打席に向かう番長そのものだ。

初老の男性店員に案内され、店内を見回すと、壁一面にプロレスラーや格闘家の写真パネルが飾られていた。直筆のサインが入ったものも多い。

時刻は夜の8時過ぎ。開店から間もないせいか、客は記者1人だけだった。焼酎の水割りを頼んでソファに体を預けると、店内にいた女性が次々と集まってくる。あっという間に4人のホステスと40代のママに囲まれる。ドレスではなく、全員がラフな私服姿で、その中に吉田羊似の女性もいた。

「お客さん、久しぶり、ですよねー?」

ママが探るように、問いかけてくる。警戒されないように、リピーターを演じて適当に話を合わせる。

─格闘家の方とかよく来るんですか?
「主人(店のオーナー)がプロレス関係の人と仲いいのよ。最近はそうでもないけど、昔はよく来てたね」
─他にも有名人が?
「あんまりいないけど‥‥ああ、清原とか来てたよ」
─よく来てました? どんな感じで飲んでました?
「けっこう前だし、もう忘れたよー」

ママからは、それ以上詳しい話は聞けなかった。

また、ホステスはみんな入店して半年以内の新人らしく、当然ながら、

「清原に連れ出された」

という経験の持ち主はいなかった。だが、確かに清原は「X」に来ていたのだ。はたして〝裏メニュー〟は今もあるのだろうか。そうこうするうち、ママのほうからこう切り出してきた。

「連れ出しは2万5000円ね。ホテル代は別よ」

パブのセット料金は飲み放題で2時間5000円。5人のホステスに1杯ずつ2000円のドリンクをおごっているので、この時点で4万円かかっているが、ヤリ目的なら3万円で連れ出せる計算になる。続いてママが発した言葉に思わず耳を疑った。

「この4人のうち1人は予約が入っているけど、それ以外の3人全員連れ出してもいい。みんなマッサージもエッチも上手。30分ずつ交代で、4万6000円。1人だけでも4万円だから、そんなに変わらないよ」

お手頃価格の3回転を申し出たのも、ママの切実な事情があるからだと言う。

「女の子みんなにお金あげたいけど、今日、お客さんいないから‥‥。ママの顔を立てると思って!」

とはいえ〝狙い球〟はすでにしぼっている。ママの願いを振り切って、羊小姐を連れ出したところ─。

指定されたのは近くのビジネスホテルだった。部屋に入り、羊小姐とカタコトの会話を楽しむ。彼女は四川省出身で、なんとその日が「X」初出勤日だったという。

「前は料理屋サンで働いてた。お兄さんは今日で2人目のお客さんネ。1人目の人はエッチが終わって、すぐに帰っちゃった」

記者とエレベーターで鉢合わせしたのは、まさに一発目の帰りだったわけだ。

「最初からキレイだと思っていた」

と告げると、機嫌をよくしたのか、お礼に濃密なディープキスを繰り出した。

記者が先にシャワーを浴び、ベッドに腰掛けて待っていると、バスタオルを巻いた濡れ髪の羊小姐が出てきた。隣に座り、もう一度唇を重ね、舌を絡める。

辛抱たまらずに小姐のバスタオルを剝ぎ取ると、うれしいサプライズが! ゆったりした服で気づかなかったが〝隠れ爆乳〟だったのだ。聞けば頰を赤らめて、

「Gカップあるよ。気持ちよくしてください‥‥」

その言葉に我を忘れ、薄桃色の先端にむしゃぶりつく。

正確な年齢は何度聞いても教えてくれなかったが、彼女の乳房は20代といっても十分に通用するハリとボリュームを誇っていた。揉んでねぶってたっぷり堪能したあと、秘所に手を伸ばせば、そこは黄河か長江か、すでにビショビショの洪水状態だった。

「ハウッ、ウゥー」

控えめにアエぐ羊小姐の蜜壺に指を滑り込ませると、ギュウギュウと指にまとわりつく圧力を実感。このキツキツの感触は名器に違いない!

指攻めを続けながら、小姐にも奉仕してもらう。お世辞にもうまいとは言えないが、情の深さを感じさせる、ねっとりとした口技だった。中国人女性にありがちな、おざなりさは皆無だ。ゴムを取り出すと、

「もういいですか‥‥」

ガマンできなくなったのか、体を重ね合わせてくる。対面座位の形で、美熟G乳を押しつけながら、グリグリと腰をクネらせる羊小姐。

「アァ~、イキそう~」

と喜びの声を上げる彼女の緩急自在の締めつけに、記者のバットも限界に。

何とか正常位に移行して、主導権を取り返すと一気呵成に腰を振る。

「イクイクイク~ッ」

という絶叫を受けてフルスイング! まさに一発昇天で大放出と相なった。

「お店に電話してくれたら予約もできるよ。また来てネ」

羊小姐の言葉に、未練タラタラ、再訪を誓う記者であった。

執行猶予付きの判決を受けて以降、表舞台から完全に姿を消した清原。だが、彼が愛した連れ出しパブは、今なお〝現役〟で営業している。