白咲ゆず ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 「隠し事ができないタイプなんです」

白咲ゆず ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 「隠し事ができないタイプなんです」

2016/10/25

白咲ゆず ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 「隠し事ができないタイプなんです」

アキバのメイドカフェで働く18歳が衝撃デビュー。定番の制服コスプレエッチから3Pまでこなして潮もバンバン吹きまくる。元気の源を探ってみたゾ。

-AVデビューが親公認なんだってね。デビューの前に親に話したの?

ゆず はい、そうなんです。告白したシチュエーションが、ちょうど母親と車の中で2人きりで、渋滞にハマっていたところだったんですよ。そこで「AVに出たいんだけど‥‥」って言ったら、「え!」って感じでしたね。

-思い切りアクセル踏んじゃうくらい驚きそうだ。

ゆず それは大丈夫でした(笑)。もともと母は、私のやりたいことに対して「頑張りたいと思うなら、やってみなさい」って言うタイプだったんで、反対はしなかったですね。

-それにしてもバカ正直というか‥‥。

ゆず 隠し事ができないタイプなんですよね。いつバレて「何やってんの!」って言われるかビクビクしながらやるより、全部さらしてから出ようって。私自身、AVにまったく偏見はなかったので。

-「私の初仕事です!」なんてデビュー作を親に見せたり?

ゆず それは、さすがに(笑)。娘がヤラれてるところは親も見たくないでしょうし、私も見られたくないです!

-親バレを恐れずに、堂々と活躍できるね。

ゆず でも、デビュー作が出てすぐに地元の知り合いから「お前出てんの?」って電話がかかってきましたけどね。最初はシラを切ってたけど、最後は開き直って「出てますけど何か?」って(笑)。

-初めての撮影は覚えてる?

ゆず 前日から全然眠れないくらい緊張していました。現場に着いたら、スタジオの広さとかスタッフさんの多さもですけど、朝御飯と飲み物がいっぱいあって、その量にいちばんビックリしました(笑)。

-意外と余裕あるね〜。

ゆず でも、撮影で初脱ぎシーンが始まるとガチガチに。パンツ姿までは大丈夫だったんです。オッパイをモロに見せるのも何とか‥‥でも下がいちばん恥ずかしかった。自分でアソコを〝くぱぁ〟する時とかは、周囲の空気に耐えられなくて。スタッフはみんな目が真剣だし、自分だけアウェイな感じだなって(笑)。

-アウェイというか主役なんだけどね。作品では、ハメながら笑顔も見せてたけど?

ゆず てれると笑っちゃうんですよ! でも少しずつ気持ちよくなって。特に男優さんのクンニが‥‥。

-忘れられない、と。

ゆず 今までプライベートで、あまりクンニとかされたことなかったんです。アソコをアップで見られるのが恥ずかしいから。でもクリトリスをチューチュー吸われて、ビラビラも舐められてすごく気持ちよかったです。


◆プロフィール 白咲ゆず(しらさき・ゆず)148センチ、B80・W60・H85
1997年12月3日生まれ。18歳。今年8月に「新人DEBUT!! 白咲ゆず」(マックス・エー)でデビュー。アニメ好きを公言し、秋葉原にあるメイドカフェ&バー「eternal弐号店」で働く現役メイド。AVで挑戦したいプレイは「ジョジョのコスプレH」だとか。


関連商品