[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「Sダイヤモンドが現役最強だ」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「Sダイヤモンドが現役最強だ」

2016/12/22

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「Sダイヤモンドが現役最強だ」

日本で唯一、ファン投票上位馬に破格の出走手当が支給されるのが、この有馬記念だ。1位キタサンブラック、2位サトノダイヤモンド、3位ゴールドアクターには2000万円。5位マリアライトには1000万円。9位サウンズオブアース、10位シュヴァルグランには500万円。

JRAにとっては締めて8000万円の出費だが、日本一馬券が売れるレースなら、痛くもかゆくもないだろう。

普通のレースでも、例えば単勝支持率が70%以上みたいなくくりで、特別出走手当の支給があってもいい。人気馬が出走してこそ、華がある競馬が期待できるのだから。

前述した馬たちなら、出走手当だけで腹いっぱいということはなく、1着賞金3億円の高みを目指してガチンコの勝負が期待できる。昔なら、有馬記念はシーズン終わりのついでに出るレースで、完全に下り坂に入った馬の出走もあったものだが、最近はそうではない。キタサンブラックのように、ここを逆算して京都大賞典、ジャパンカップというローテーションを組んできた馬もいる。大きく割り引く馬はいないと言っていいだろう。

とはいえ、上がり目の大きさならサトノダイヤモンドが上。神戸新聞杯を馬なりで勝ち、菊花賞も85%ぐらいの力加減で楽勝。短期放牧を挟んで帰ってきた姿は、まさにオーラをまとっているように見える。

中間の追い切りに騎乗した西谷騎手が「すごい。今までに乗ったどんな馬よりすごい」と感嘆。西谷騎手といえば、ただの障害騎手ではない。瀬戸口厩舎時代から数多くの名馬にまたがってきた目利きの意見だからこそ価値があるのだ。

思えば、ダービーだって落鉄がなければ勝っていたはずの馬。現役最強はサトノダイヤモンド、と宣言するための有馬記念になると思っている。

逆転があるなら、中山巧者という意味でゴールドアクター。有馬記念だけものすごく強かったマツリダゴッホのような雰囲気があり、中山未勝利のサトノダイヤモンドとの落差を突くシーンがあるのかも。

どちらにしても、今年は荒れない有馬記念になるはずだ。