川奈まり子 ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 「伝説の美熟女が業界にカムバック!?」

AV女優

川奈まり子 ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 「伝説の美熟女が業界にカムバック!?」

2016/12/27

川奈まり子 ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 「伝説の美熟女が業界にカムバック!?」

本連載も今回で最終回。ラストを飾るのは、あの熟女のカリスマ。〝現役時代〟を振り返るとともに、昨今の出演強要問題、AVの未来について語ってもらった。


-引退して12年ですよ。

まり子 タイトルに「現役復帰か」くらい書いておきます?(笑)

-ガハハ、今年は出演強要問題でまり子姐さんの発言に注目が集まりました。

まり子 そもそも私自身もAVに強制的に出演させられそうになったんですよ。99 年の話ですけど、当時のセフレに「プレイの一環でAVに出ないか?」って言われたんです。好奇心から面接を受けたんですけど、コイツが悪い男で!

-姐さんほどの女性(タマ)でもダマされましたか。

まり子 彼にはこう脅されたんです。「AV面接を受けた事実をバラされたくなかったら今後は出演料の7割を渡し続けろ」って。その時は本当に悔しいやら憎らしいやらで‥‥。そんなタイミングで、たまたまプロのスカウトマンに声をかけられたんですよ。この件について相談したら、全部キレイに解決してくれて。

-どうやってカタをつけたんですか?

まり子 そのスカウトマンの方にAV事務所を紹介していただいて、そこのスタッフが、恐喝男に「ウチの女優ですが何か?」って感じで連絡したらスーッと消えていなくなりました。

-強要どころか、逆に救われたわけですね。

まり子 そうなりますね。その事務所の社長は「問題は解決したからAVは出ても出なくてもいいよ」って言ってくださったんですけど、あらためて興味が湧いてきて、出演してもいいかな、と。セックスも好きでしたしね(笑)。

-そんないきさつで出演したデビュー作が「義母〜まり子34歳〜」ですね。

まり子 3歳も逆サバ読んで臨んだ撮影では、なぜか雑巾がけばかりさせられて、「これ絶対にみんな早送りするだろうな」って(笑)。その監督が何を隠そう、今の夫である溜池ゴローだったんです。

-運命の出会いだ!

まり子 監督面接で、とてもおもしろい質問をしてきたんです。「キミのビデオを見て何千何万人もの男たちがオナニーをする。それをどう思う?」って。

-デビュー前の素人にすごいこと聞きますね。

まり子 その瞬間、地平線を埋め尽くすくらいたくさんの男性たちが脳内に浮かんで、みんながオチ○チンをシゴいているところに私が空から降りてくるんですよ。まさに女神降臨!

-監督の質問には何と?

まり子 うふふ、「女冥利に尽きますね」って(笑)。それで私のエッチがたくさんの人の性に影響を与えるんだな、おもしい仕事だなって思えたんです。

-活動期間5年ほどでスッパリ引退したのは?

まり子 溜池(だんな)との家族計画かな(笑)。それに、以前から売れているピークで辞めるのが格好いいって考えてたんですよね。


◆プロフィール 川奈まり子(かわな・まりこ)身長、スリーサイズは非公開 1967年11月9日生まれ。49歳。
1999年AVデビュー。2004年の引退まで400本以上の作品に出演し、AV界に「美熟女」というジャンルを築き上げる。現在は作家・コラムニストとして活躍。今年7月にAV実演家のための第三者機関AVANを設立。一児の母。


関連商品