[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「軸はベストウォーリアも手広く」

ギャンブル

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「軸はベストウォーリアも手広く」

2017/02/16

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「軸はベストウォーリアも手広く」

今週末2月19日の2重賞は、どちらも基本的に実績馬や前走好走馬が強いレース。メンバー構成などにもよりますが、うまくしぼり込みたいところです。

WIN3の小倉大賞典は近走成績を素直に評価したい一戦。別表で指摘したように大敗直後の馬は苦戦していますし、前年以降にJRA重賞かオープン特別で3着以内の経験がない馬も12年以降〈0 1 2 27〉と勝ち切れていません。

ただ、同じく12年以降の馬番別成績を見ると、1〜7番の馬が〈5 5 2 23〉なのに対し、8〜16番だった馬は〈0 0 3 41〉。たとえ実績上位でも、外寄りの枠に入ってしまった馬は評価を下げるべきでしょう。

WIN5のフェブラリーSは、前走絡みのチェックポイントがさらに多いレース。12年以降の5年間に限ると、前走4着以下だった馬は〈1 1 1 33〉、前走の単勝人気順が6番人気以下だった馬は〈0 0 1 21〉、前走の馬体重が500キロ未満だった馬は〈0 3 0 27〉と、それぞれ安定感を欠いていました。

また、12年以降はJRA、かつダ1600〜1800メートルのレースを主戦場としてきた馬が優勢です。

さらに、東京ダ1600メートルの重賞かオープン特別で3着以内となった経験がない馬も〈0 2 1 38〉ですから、コース適性の高さを重視したいところです。

今年は前走好走馬が少ないこともあって、全ての出走予定馬が何らかの不安を抱えているような印象。理想の軸馬像に最も近いのはベストウォーリアですが、ここ4年連続で5歳以下の馬が優勝していることを考えると、馬格がやや足りないだけのカフジテイク、前走の着順だけが引っ掛かるゴールドドリーム、モーニンあたりも有力候補と見るべきでしょう。


◆プロフィール 伊吹雅也(いぶき・まさや)「JRAホームページ」「グリーンチャンネル」ほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている新進気鋭の競馬評論家。新刊「ウルトラ回収率2016─2017」(ガイドワークス)が好評発売中。