【連載】たかしょーのイっちゃって! テーマ「M男調教とご奉仕セックス」

AV女優

【連載】たかしょーのイっちゃって! テーマ「M男調教とご奉仕セックス」

2017/02/15

【連載】たかしょーのイっちゃって! テーマ「M男調教とご奉仕セックス」

みなさま、こんにちは。たかしょーです。今週は私がプライベートで経験してきた「M男調教とご奉仕セックス」のお話をしようと思います。えっ、なぜ突然そんなことを語るのかって? それは‥‥私が男性に尽くす女だと知っていただきたいからです♡なんちゃって(笑)。

私、自分の性癖すら知らなかった時に(実はいまだにハッキリとはわかりませんが)、1年間ぐらいドS痴女に扮し続けたことがあるんです。

あれは忘れもしない、高校2年生の頃でした。私、1コ上の先輩に片思いをしていたんです。彼はいつも笑顔で誰にでも優しくて、ムードメーカーで、頼りがいもあるから学校では人気者。そんな彼に胸キュンした私は自分から告白して、彼とおつきあいできることになったんです。

おつきあいが始まった当初は、片思いしてた頃のイメージそのままだったんですよ。デートではリードしてくれるし、セックスも普通に‥‥。だけど回数を重ねるうちに、自分の性癖をちょっとずつあらわにしだしたんです。最初は愛撫をした時の反応でした。乳首を舐めてほしそうにしてるからペロペロしてあげたら「にゃんっ」って、猫みたいなアエギ声を出すようになって‥‥。

そしてある日、モジモジしながらお願いされたんです。「僕を調教してください」って。そう、頼れる先輩は、実はドM男くんだったんです! 言われた瞬間は正直、ドン引きしましたよ~(笑)。でも、彼のことが好きで好きでたまらなかったから即、受け入れました。だって、こういう性癖を暴露するのって相当な勇気が必要じゃないですか。きっと「私なら受け入れてくれるだろう」と勇気を振りしぼったはずだから、愛情のシルシとして希望に応えてあげたかったんです。

結果、ドS痴女とドM男の関係が完成。ベッドに入った彼が、目をトロ~ンとさせながら私に敬語を使いだすのが〝いじめてください〟のサインになりました。

目隠し、全身リップ、両手を拘束─彼が望むプレイは何でも全部してあげましたね。言葉責めされるのも大好きだったから、「どこが気持ちいいのか言いなさいよ!」とか「どこをどうしてほしいのか言葉にしなさい!」って‥‥私、けっこうハードなドSに徹してましたね~(笑)。当時の私は知識不足だったから、自分からプレイ内容は提案できなかったんですけどね。

今まで私がドSになったのはこの彼1人だけ。だからこそ気づいたんです。私はご奉仕して、相手に気持ちよくなってもらうセックスが好きなんだって。

そんな私のご奉仕精神が満たされて、みなさまもヌケる「グラビアソープ 高橋しょう子」(ムーディーズ)の撮影を先日、してきました~。

作品では初めてアナル舐めも披露していますが、実はドM男くんで経験済みです。彼から「舐めてください」とお願いされて始めたプレイなんですけど、舌先でチロチロ~ッと突いてあげるとすごく喜んでくれたんですよね。

あまりに気持ちよさそうだから選手交代してもらったら、くすぐったいけど体がフワッと浮く感覚になって、すごく気持ちいいんです。その後、挿入されると個人的にはイキやすくなるし気持ちも高ぶります。パートナーとアナルの舐め合いっこ、オススメですよ♡

◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
12年にグラドルとしてデビュー。人気グラドルから16年5月にMUTEKIでAVデビューを果たすと、16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠を受賞。17年1月7日(23時〜)放映のドラマ「特命係長 只野仁AbemaTVオリジナル」(テレビ朝日)に出演。ツイッター@TS_takasho

撮影/ベイビー・U


関連商品