[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「実績上位マジックタイムを信頼!」

ギャンブル

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「実績上位マジックタイムを信頼!」

2017/03/09

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「実績上位マジックタイムを信頼!」

今週末もおもしろい傾向のあるレースがそろいました。

WIN2の東風Sは枠順と脚質がポイント。近年の上位馬はほとんどが外枠勢でしたし、前走の4角を3番手以内で通過した馬は、13年以降〈0 0 1 15〉と勝ち切れていません。今年も外枠の差し馬に注目しましょう。

WIN4のフィリーズRは実績馬が強いレース。中央場所、かつ500万下から上のクラスのレースで3着以内となった経験がない馬は、12年以降〈0 0 0 29〉と苦戦しています。

また、前走が1400メートル未満のレースだった馬、前走がGⅠではなかったにもかかわらず、その前走で大敗した馬は評価を下げたいところです。さらに、前走の4角を7番手以下で通過した馬も12年以降〈1 1 1 30〉と安定感を欠いていました。

早くから出走を予定している馬のうち、これらの条件をクリアしているのはゴールドケープ、ジューヌエコール、タガノカトレア、ベルカプリ、レーヌミノルあたり。JRAのGⅠにおいて10着以内となった経験がある馬は、12年以降〈3 1 3 9〉と比較的堅実なので、ゴールドケープやレーヌミノルは特に有力と見ていいでしょう。

WIN5の中山牝馬Sは格の高いレースにおける実績を重視したい一戦。JRAのGⅠかGⅡにおいて、7着以内の経験がない馬は、13年以降〈0 1 1 28〉なので強調できません。

なお、前走の4角を3番手以内で通過した馬は13年以降〈0 2 0 16〉。馬格がない馬も思い切って評価を下げたいところです。

今年は実績上位のマジックタイムを素直に信頼したほうがよさそう。穴っぽいところではウインファビラス、ウキヨノカゼもおもしろい存在だと思います。


◆プロフィール 伊吹雅也(いぶき・まさや)「JRAホームページ」「グリーンチャンネル」ほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている新進気鋭の競馬評論家。新刊「ウルトラ回収率2016─2017」(ガイドワークス)が好評発売中。