たかしょーのイっちゃって! 連載12 今週のテーマ「初痴女」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載12 今週のテーマ「初痴女」

2017/03/30

たかしょーのイっちゃって! 連載12 今週のテーマ「初痴女」

もう春ですね~、みなさまこんにちは。さて今週のお題は「グラビアアイドルの世界最高お姉ちゃん」(ムーディーズ)という作品で、初めて挑戦した「痴女」についてお話しさせてください。いえいえ、決して宣伝したいワケじゃなく(笑)、本当に私にとって初めて尽くしの作品だからです。

初の痴女、初のアドリブ連発、そして初めて自分の性癖がわかった、思い出深い撮影だったんです。

グラビアアイドルをしている姉役の私がカメラ小僧の弟をイジメる設定ですけど、痴女モノの定番といえば〝言葉責め〟じゃないですか。だから台本にはセリフが盛りだくさんでした。

私、仕事に手を抜けない性格だから、セリフを完璧に丸暗記してから現場に入ったんです(監督から真面目ってホメられました!)。

でも、本番ではセリフの他にアドリブを連発しちゃったらしいんですよね。しかもスラスラと。〝らしい〟というのは、本番中は気持ちよすぎて行為に没頭してたから、自分が何を言ったか覚えてなかったんです。

撮影後「こんなにたくさん、たかしょーオリジナルの言葉が出てたよ」とスタッフさんにメモを見せてもらって驚きました。

特にアドリブが多かったのが、アメリカの女子高生が着るような制服姿のまま、弟にまたがるシーン。「弟チ◯ポでイッちゃうよお~」ってセリフ、言った記憶がすっかり飛んでるんですよね。弟のペニスをシゴきながら、「こんなに出しやがってブタ野郎!」というセリフも「本当にコレ私が言ったの!?」って(笑)。

その他にも、思わず感情を込めてしまったセリフもあるんです。グラビアオタクの弟の友達とセックスするシーンで、「オタクのチ◯ポは私にこすられて気持ちいいのか!」と言った瞬間は萌えましたね~。

基本、責めてるんですけど、弟にイジメられちゃうシーンもあります。私が絶頂に達したあともバックから突かれるんです。その時に私「もうイッてるからぁ!」と動きを止めてほしいそぶりを見せるんですけど、実はイッたあとにペニスで膣奥を突かれ続けるのが大好きなんです。だからイヤイヤしながらも本音では、「最高! もっとシテ!」と思ってました(笑)。

一般的なAVって女性がイクと動きをストップさせるじゃないですか。でも私みたいなタイプも実在するので、イッたあともピストンを続けてみてはいかがでしょうか。大喜びする女性がいるかもしれませんよ。

だって私はあのセックスが本~当に気持ちよくって。監督によるとイッたあと、アナルがヒクヒクしていたそうなので、どれだけ気持ちいいの!?

って自分でも恥ずかしくなるほどで‥‥。

ただ、アナルがヒクヒクしちゃったせいで作品をご覧になった方から「アナルセックスも経験があるのでは?」と疑惑を持たれているらしいんです。ここで表明しちゃいますが、残念ながらアナルは処女で~す。

とはいえ、ここまで痴女に没頭できたのはドM男優さんのおかげ。私の言葉責めのたびにペニスが硬くなっていくから、真性ドMってすぐ見抜きました(笑)。

結果として私、この撮影で自分の性癖をうっすらと把握できたんです。現在のSM度合いは6割がSで、4割がM! これからもっと痴女モノに出続けたらエスカレートして、8対2ぐらい‥‥いや、Sが9割になっちゃうかも!?


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
12年にグラドルとしてデビュー。人気グラドルから16年5月にMUTEKIでAVデビューを果たすと、16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠を受賞。17年1月7日(23時〜)放映のドラマ「特命係長 只野仁AbemaTVオリジナル」(テレビ朝日)に出演。ツイッター@TS_takasho

撮影/ベイビー・U


関連商品