[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「ヤマカツエースはここがチャンス!」

ギャンブル

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「ヤマカツエースはここがチャンス!」

2017/03/31

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「ヤマカツエースはここがチャンス!」

ソコソコ本屋好きの私。移動中に時間があると立ち寄ることや、息子とともに遊びに行くこともあるのですが、ここ最近、衝撃を受けたのが「夫のちんぽが入らない」という本。興味を抱くものの、あまりにもタイトルが強烈すぎて、なかなかレジへ持っていきにくい状況‥‥。

しかも、〈どなたがお書きなのかしら?〉と、著者名を見ると「こだま」と記載されている。〈おいおい、結婚後の私の姓と同じではないか〉と、ビックリしました。

それから数日後、タイミングよく知人のHちゃんから、
「ホソエさん、今、本屋さんなんですけど、『夫のちんぽが入らない』って本、ホソエさんちゃいます? 今の姓で出したんでしょ?」と。

思わず「うちは『夫のちんぽが入らない』のではなく、『夫がちんぽを入れない』だから。タイトルはもっとシンプルよ」と返答すると、「そうでしたね」と、Hちゃん。

ダンナ様の意思と行為があるだけ、うらやましいかぎりです。しかしながら、タイトルから想像するに、大きすぎてアウトなのか? 小さすぎて感触がないのか? はたまた、まったく別のことを意味しているのか? ますます中身が気になってしまう。ブックカバーを付けてもらい、買おうか否か、迷い中です。

さて、新設GⅠ大阪杯は、ヤマカツエースを本命にします。距離、ローテ、近走の内容から、GⅠ馬相手でもやれそうな気がして、最大のチャンスと見ます。

それでは皆さん、週末は競馬場でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。