[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「「フローラS」はホウオウPを狙う」

ギャンブル

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「「フローラS」はホウオウPを狙う」

2017/04/20

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「「フローラS」はホウオウPを狙う」

今週末のJRAは、GⅠこそないものの、GⅡが2レース組まれています。

WIN4の読売マイラーズCでまず注目したいのは、京都芝・外1400メートル、ならびに京都芝・外1600メートルのGⅠかGⅡで連対経験がある馬です。近走成績がいまひとつの馬を含めても好走率は優秀です。

一方、この条件をクリアしていなかった馬のうち、前走の着順が7着以下だった馬は、13年以降〈0 0 0 23〉、前走の単勝人気順が4番人気以下だった馬は13年以降〈0 0 0 30〉、馬齢が6歳以上だった馬は13年以降〈0 0 0 20〉。不安要素がある馬は上位争いを期待できません。

なお、前走との間隔が中4週以内だった馬は13年以降〈0 2 1 32〉と優勝例なし。臨戦過程に余裕がない馬も苦戦していました。

狙ってみたいのはダッシングブレイズとヤングマンパワー。馬齢が5歳だった馬は13年以降〈3 1 2 8〉と堅実ですし、今年のメンバー構成ならチャンスはあると見ていいでしょう。

WIN5のフローラSは前走の内容がポイント。傾向からもわかるとおり、08年以降に好走した馬の大半は前走の着順が3着以内、かつ前走で単勝3番人気以内だった馬です。

また、08年以降の優勝馬8頭は、いずれもJRA、かつ芝1600〜2000メートル、かつ単勝1番人気だったレースにおいて優勝経験があった馬。ちなみに、JRA、かつ芝1600〜2000メートル、かつ500万下から上のクラスのレースにおいて優勝経験があった馬も08年以降〈5 4 1 20〉と比較的安定しています。

早くから出走を予定している馬のうち、これらの条件を全てクリアしているのはホウオウパフュームくらい。実績上位のフローレスマジックも評価を下げる必要はないでしょう。


◆プロフィール 伊吹雅也(いぶき・まさや)「JRAホームページ」「グリーンチャンネル」ほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている新進気鋭の競馬評論家。新刊「ウルトラ回収率2016─2017」(ガイドワークス)が好評発売中。