大舞台で勝負強い池添騎手をマーク

ギャンブル

大舞台で勝負強い池添騎手をマーク

2017/04/20

大舞台で勝負強い池添騎手をマーク

4月9日の桜花賞を制したのは池添謙一騎手とレーヌミノルのコンビ。単勝オッズ40.8倍の8番人気にとどまっていましたが、テン乗りとは思えないほどの巧みなレース運びで上位人気勢を封じ込めました。

池添騎手は、すでに17年のWIN5対象レースを2勝しており、勝率11.8%(4月9日終了時点)。13〜15年はWIN5対象レースにおける年間勝率が7.7%止まりだったものの、16年は10.6%まで回復していましたし、今年も現在のところ同じようなペースで勝っています。

もともと大舞台での勝負強さには定評があるジョッキーですから、今後もしばらくはマークしておきたいところ。先日の桜花賞がそうだったように、前評判が低くても侮れません。


タグ: WIN5,騎手