[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「穴馬の有力候補はジュールとドンキ」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「穴馬の有力候補はジュールとドンキ」

2017/05/11

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「穴馬の有力候補はジュールとドンキ」

ヴィクトリアマイルは同じ馬が人気薄で複数回馬券になりやすいレースです。

ストレイトガールは16年が7人気1着。15年は5人気1着。14年は6人気3着。また、ヴィルシーナは14年に11人気で1着。13年も1着でした。

ストレイトガールもヴィルシーナも当レースで実績があるにもかかわらず、まったく人気がない状況で優勝したのは、前哨戦で負け続きだったから。それでも、ヴィクトリアマイルになると巻き返すのは、一連の重賞レースにはない「特殊な適性」が問われやすいからです。

ヴィクトリアマイルは「強いスプリント適性」に加え、ダート指向の「パワー」が要求されること。才能の方向性を示す血統も、スプリンターとダートの資質に優れた特殊な才能の持ち主が穴を出しています。

例えば、昨年、一昨年と連覇を果たしたストレイトガールの父はフジキセキ。母父はタイキシャトル。ともに芝とダート両方のGⅠ勝ち馬を出した種牡馬です。母もダート短距離レースの500万条件で勝利実績がある馬。

ヴィルシーナの母ハルーワスウィートはマキャベリアンにヌレイエフの配合。どちらもダートでも世界レベルの種牡馬で、ハルーワスウィート自身もダートで7馬身差勝ちが2度ある馬です。ちなみに、ハルーワスウィートは、尻尾がない風貌ながら、ダートで大差勝ちを何度もした馬です。

今年の出走予定馬ではジュールポレール、レッツゴードンキは傾向に合う血統馬です。

ジュールポレールは父がディープインパクト、母がノーザンダンサー系のエリシオとミスタープロスペクター系の配合馬。母は現役時代にダート短距離で1000万条件を勝利。同じディープ産駒のヴィルシーナに近いタイプの血統です。

レッツゴードンキの父キングカメハメハはキングマンボの子。2000万馬券になった15年に12人気2着。18人気3着の馬はともにキングマンボの血を持つ馬でした。母のマルトクはダート1000万条件で勝利実績がある馬です。

ちなみに、レッツゴードンキは馬主さんがストレイトガールと同じ。馬主さんの馬選びの好みはだいたい似ることが多いです(牧場やエージェントの兼ね合いもあるでしょう)。ストレイトガール同様、ヴィクトリアマイルに向いた才能の持ち主かもしれません。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。近著「重賞ビーム2017」(KADOKAWA)が好評発売中。