[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「フローレス有利も桜花賞組も強力!」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「フローレス有利も桜花賞組も強力!」

2017/05/18

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「フローレス有利も桜花賞組も強力!」

血統は馬柱ではわからない実績を予想できる最強ツールです。よって、血統を武器に馬券を買うなら「初○○」を積極的に狙うべき。

HPで公開しているオークスの最終予想。昨年は5人気で3着のビッシュを本命、勝ったシンハライトを対抗に。一昨年も勝ち馬のミッキークイーンが本命で、6人気3着のクルミナルが対抗。1人気で2着のルージュバックが3番手と、大本線で的中しました。

ビッシュとミッキークイーンはともにディープインパクト産駒。そして前走は2000メートルのレースに出走していました。オークスでは有利な血統とローテーションだからです。

オークスは、ほぼ全ての馬が「初の芝2400メートル」戦。そして、桜花賞を経由した多くの馬は「初の800メートルの距離延長」で臨むことになります。

騎手は距離を知っていますので、マイルのリズムで走ろうとする馬のスタミナをできるだけ温存するように、ゆっくりと乗るよう心がけます。結果的にオークスは、短距離戦よりも道中のスタミナを温存するペースで走るレースになり、結果的に直線のスピードが重要なレースとなります。

ディープ産駒は、道中はスタミナを温存する流れで、直線はスピードを競うレースパターンでは最強とも言える種牡馬。だから、オークスはディープ産駒が毎年のように勝ち、なおかつ配当妙味もあるのです。

また、オークスは前走で2000メートルを経験していることも有利です。前走2000メートルを経験すれば、当たり前ですが、今回の延長距離は400メートルとなり、桜花賞組の800メートルの延長の半分で済みます。これは非常に有利です。

今年の出走予定馬では、フローレスマジックが父ディープインパクト。前走は2000メートルに出走。当レースで特に強いディープ産駒の中でも2000メートルを経験しているのは有利です。

ただし、例年のレベルであれば、高確率で馬券になれたでしょうが、今年は桜花賞組もかなり強力です。

1人気で3着に敗れたソウルスターリングは藤沢厩舎の育成馬。昨年も同管理馬のチェッキーノが2着。同馬はスプリンター色の強い血統でしたが、藤沢厩舎の直線スピードを引き出すトレーニング効果もあり、2着に大健闘しました。

ソウルスターリングも軽い馬場のオークスのほうが、重い馬場だった桜花賞より合いそうです。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。近著「重賞ビーム2017」(KADOKAWA)が好評発売中。