[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「アドマイヤミヤビの巻き返しに期待!」

ギャンブル

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「アドマイヤミヤビの巻き返しに期待!」

2017/05/19

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「アドマイヤミヤビの巻き返しに期待!」

東京・中山競馬終わりの東京駅で、フジテレビのスタッフで自称「ムラムラYさん」と1時間程度軽く御飯を食べてから新幹線に飛び乗ることが多く、つい先日も東京駅構内の串揚げ屋さんへ立ち寄ることに。

Yさんは43歳で、体重100キロ前後を行き来する大阪出身の独身男性。40歳を過ぎた2人の会話は、ジジィ・ババァの領域へと突入しており、最近の会話の内容は決まって「近頃の若いヤツは‥‥」で始まる。これはいつの時代もお決まりなのだろう。

しかしながら、携帯のグーグルが何でも答えてくれるようになった現在、自分で考えて調べることや、経験豊富な先輩の意見を求めることなどが極端に減り、全体的に想像力や対話力が乏しいのではないか? 中でも、「急な出来事に対する臨機応変な対応が難しくなっている気がする」との意見で合致。

よって、「柔軟性が大事よね〜。カタイとよくないわよね」と意見すると、Yさんが「カタくていいのは3つ。(1)口(2)財布のヒモ(3)チ○コ」と。端的かつ説得力のある内容に「わかる〜」とうなずきながらも、では女性の場合、(3)はどうなるのだぁ? と疑問に思い、問いかけると、「ア○コやね」と。

これまたご名答に再度乾杯したのでア〜ル。

ただこの会話、若者が耳にしたら「近頃のジジィ・ババァは」と言われそう‥‥。結局のところ、お互いさまなのでア〜ル。

さて、オークスはアドマイヤミヤビの巻き返しに期待します。桜花賞後、デムーロ騎手は「こんなはずがない!」と、愛馬のポテンシャルの高さをオークスで証明したいムードでムンムンでした。

それでは皆さん、週末は競馬場、もしくは「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。