[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「「非サンデー系」のブラックSに注目」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「「非サンデー系」のブラックSに注目」

2017/06/01

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「「非サンデー系」のブラックSに注目」

今の競馬は、出走馬全てがサンデーサイレンスの血を持つことも珍しくなくなった時代。

父系がサンデーサイレンスであるか? 他の父系か? あるいはサンデーサイレンスの孫か? もっと血が薄いのか? といった「サンデーの血の薄さ」もポイントになるレースが増えています。

例えば、先日のオークスの勝ち馬ソウルスターリングは、持ち込み馬でサンデーの血を持たない馬。2着のモズカッチャンもサンデーの血を持たない馬。2頭ともにデインヒルの血を持つ馬でした。

なお、今年のオークスでサンデーの血を持たなかった馬は3頭のみ。結果的には「デインヒル」の血が重要で「サンデーの影響が薄い血統」が有利なレースだったことになります。

昨年の安田記念も、サンデーの影響が薄い馬に有利だったレース。父系が「サンデー系以外」だった馬、そして「サドラーズウェルズの血」を持つ馬に有利なレースでした。

出走馬の中で父系が「非サンデー系」の日本馬はロゴタイプとモーリスのみ。結果はその2頭が1、2着しました。どちらもサドラーズウェルズ系の血を持つ馬です。

先日のヴィクトリアマイルは、安田記念と同じコースのGⅠ。11人気ながら2着に激走したデンコウアンジュも父は非サンデーサイレンス。サドラーズウェルズの血を持つ馬です。

今年の安田記念の出走予定馬で「父非サンデー系」で、おもしろそうな血統はブラックスピネル。父タニノギムレットは非サンデー系種牡馬。代表産駒のウオッカは、当レースも優勝していますし、GⅠ勝利7勝のうち、6勝が東京コースという東京巧者。母父アグネスデジタルも当レースの勝ち馬です。

さらに、牝系のキャサリーンパーは「GⅠの流れ」を好む血統。同牝系のダンビュライトは今年の皐月賞が「GⅠ初挑戦」で12人気ながら3着。同牝系のマリアライトは昨年の宝塚記念でドゥラメンテ、キタサンブラックと、相手が強化したGⅠで優勝。同牝系のアロンダイトはGⅠ初挑戦のジャパンカップダートで優勝しました。

ブラックスピネルも今回が「初GⅠ」ですが、今までよりも相手が強化されてレースの流れが厳しくなるのは大歓迎。東京の初GⅠだからこそ、買いたい血統です。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。