[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「あまりにも暗すぎた我がオンナ人生‥‥」

ギャンブル

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「あまりにも暗すぎた我がオンナ人生‥‥」

2017/06/09

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「あまりにも暗すぎた我がオンナ人生‥‥」

同年代の知人女性Nちゃんが「私、もうそろそろダンナから卒業したいの」と言いだし、「離婚を考えているの?」と聞き返したら、「純ちゃん、最近は離婚とは言わずに卒婚と言うのよ」と、かなり前向き。

「卒婚」‥‥何だか滑らかな響きで聞こえがよく、「離婚」よりもハードルの低さを感じてしまうのは私だけであろうか‥‥。

そういえば、別の同年代の女性も夫からの申し出で離婚をして落ち込んでいるのか? と心配していたが、すでに新たなボーイフレンドとの第2の人生を謳歌している。

同性というよりも、オンナを感じてしまう彼女たちの姿に、今も昔も変わらない〝我がオンナ人生〟の暗さが思い起こされてしまった。

(1)オシャレをしようと、ラメ入りの化粧をすれば、「汗をかいているの?」と言われ、

(2)涼しげなブルーのアイシャドウに変えると、「殴られたの?」と‥‥。さらに、

(3)小さな目を大きく見せようとマスカラを使った時には、「ゴキブリの足みたい」。

そして、もともとの目に対しては、

(4)「タニシみたい」と‥‥。

もうここまでくると意味不明である。

そんな我が心を癒やしてくれるオトコは、3歳児のチッチャナ息子と、大きな息子を持つ牡馬だけ。いずれにしても極端だわ‥‥ナンチッテ。

さて、エプソムCですが、前走メイSで惜しくも2着となったアストラエンブレムに期待します。

それでは皆さん、当日は競馬場、もしくは「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。