[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「シュウジを連軸として信頼」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「シュウジを連軸として信頼」

2017/06/15

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「シュウジを連軸として信頼」

函館競馬の開幕。見た目にも深々としていてクッション性が高い洋芝が北海道競馬の特徴で、毎年通い続ける四位騎手が、「馬のためには本当にいいよ。脚を傷める心配がほとんどないので、芝で追い切る馬が多いのもわかる。騎手の立場から言わせてもらえば、本州の競馬場やトレセンも洋芝にしてほしいぐらいだけど、気候の関係で北海道しかできないんだってね」と話してくれた。

ここで活躍するのは、ディープインパクトよりハービンジャーというのは誰でも知っている話だが、仮に全競馬場が洋芝を採用できるようになったとして、ディープインパクトがその牙城を明け渡すことになるとまでは思いにくい。

もう一つ言える洋芝のセオリーは、速い持ち時計を妄信するなということ。硬い馬場で出た速い時計は、函館、札幌ではセールスポイントにならない。

開幕週は、武豊騎手がいきなりの参戦。そのメインは函館スプリントSのシュウジ騎乗だ。武家のルーツは薩摩藩の役人だが、戊辰戦争で函館に出征し、終戦後も函館に残って競馬場開設の立て役者となった。言わば、故郷に錦を飾る開催なわけで、張り切っているのもうなずける。仕上がりは上々で、きっといい競馬になるはず。連軸としての信頼度は高いと見る。

1番人気になるのはセイウンコウセイ。混戦と言われた高松宮記念を楽勝。あの内容なら、何回やってもこの馬が勝っていそうと思わせるそれで、もしかしたら王者不在だった短距離界に長期政権を築けるだけの力をつけたのかもしれない。やや急仕上げの気配は見えるものの、シュウジの相手はやっぱりこの馬だろう。

ブランボヌールは、ディープインパクト産駒なのに洋芝大好き。函館は2戦2勝だし、札幌での実績も十分だ。

同じ意味で、レヴァンテライオンも洋芝で見直すべき馬。クラシックには乗り損なったが、洋芝のこの距離なら大いに見直しだ。

エポワスも函館巧者。キングハートは硬めの芝で走ってきた馬だけに少し割り引きだが勢いは侮れない。