[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「メラグラーナの巻き返しある!」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「メラグラーナの巻き返しある!」

2017/06/29

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「メラグラーナの巻き返しある!」

競馬で要求される能力の方向性は一定ではありません。そして能力を引き出すためのトレーニングの方向性も一定ではないのです。「タフな馬場で走るためのトレーニング」と「軽い馬場で走るためのトレーニング」は相反する部分があります。

タフな馬場の能力を強化すれば、どうしたって軽い馬場で走るための能力は強化できないのです。

特に、競馬は、アスリートとしての進化が人類に比して圧倒的に進んでいる競技。例えば、歴史的名馬セクレタリアトは、ボクと大して年齢は変わりませんが、すでに孫もほとんど走っていません。

競走馬は「絶対的能力のレベル」も人類よりはるかに進んで拮抗しているため、「絶対能力」よりも「能力の方向性」が勝負を決めるシーンが多いわけです。

だからこそ、先にも書いたように「強化する能力の方向性」も重要になります(もちろん、トレーナーの実力も拮抗していれば、ですが‥‥)。

今年のダービー、オークスをどちらも勝たせた藤沢調教師は「直線でスピードを伸ばす」トレーニングでも先駆者。血統的には「重巧者」と呼ばれるタフな血統馬でも、速い上がりを引き出せるように仕上げられます。

その一方で、いざタフな血統の管理馬が重い芝に出走すると、案外な敗北を喫するシーンが何度も繰り返されました。

なお、今年のダービー、オークスで藤沢厩舎が勝たせた馬は、ヨーロッパの名血が核となる血統。サンデーの血も持たない馬です。そんな馬でも、直線でサンデー系をも封じ込めるスピードを発揮したのは藤沢厩舎のトレーニングのたまものと言えるでしょう。

藤沢厩舎の考えを尊重しているノーザンファームも「軽い馬場でスピードを発揮する」トレーニングに寄っています。

例えば、今週末のCBC賞に出走予定のメラグラーナはノーザン育成馬。同馬は芝1200メートルに7回出走して4勝。馬券圏外に敗れた2回は、ともに2桁着順の大惨敗と、わかりやすい戦歴の馬です。

さらに、2度の敗戦理由も、実にわかりやすく、単純に重い馬場。いずれも、良発表ではない馬場でした。

CBC賞は、前走の高松宮記念(13着)と同じコースですが、軽い馬場なら巻き返すでしょう。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。