ニッポン縦断「ふ〜ぞく沸騰都市」でイク!vol.3 札幌娘が小樽で濃厚サービス

夜ネタ

ニッポン縦断「ふ〜ぞく沸騰都市」でイク!vol.3 札幌娘が小樽で濃厚サービス

2017/07/16

ニッポン縦断「ふ〜ぞく沸騰都市」でイク!vol.3 札幌娘が小樽で濃厚サービス

北海道といえば、札幌市のススキノが有名だが、意外にも、そこから特急で30分の小樽市が〝沸点〟に到達しているという。

「繁華街の片隅でひっそり営業する『21世紀』が穴場のソープです。ススキノの店で地元の知り合いに会いたくないという札幌の素人美女たちが働きに来ています。帰りは店が自宅まで車で送ってくれるので、働きやすいんでしょうね。私がお相手したのは、前職パティシエでスレンダーなおぼこ娘でした」(生駒氏)

風光明媚な小樽でススキノ並みのサービスが受けられるとあっては、お客が殺到するのもナットクである。

お次はググッと南下して島根県へ。松江市の玉造温泉、米子市の皆生温泉といった温泉街のひなびたソープに、やはり都会から〝出稼ぎ娘〟たちが集中しているという。

「両温泉とも『美人の湯』として知られ、若い観光客も多いんです。そのため、街にはおしゃれなカフェなど女性向けの店も多く、風俗嬢にしても、ちょっとした旅行気分で働きに来る。関西出身者が多いですが、中には仙台から来たロシア人クオーターのコもいました」(生駒氏)

四国エリアは、九州の博多から耳寄りな情報が届いた。福岡の風俗情報誌「アソビーノ」のK氏がこっそり耳打ちする。

「実は博多で絶大な人気を誇る激安デリヘルグループがあるんですが、香川県の高松市に参入して『L』という新店舗をオープンさせた。すると、すぐに高松で一番の人気店になりました」

地元の風俗ライターによると、「その店はこちらではコンセプトを変えたようで、女のコの質がとにかく高い。それでいて競合店より若干料金が安いのが、ウケている理由」だという。

また、同じ四国でも愛媛県松山市が、かなりの盛り上がりを見せている。

「松山は道後温泉のソープや、ちょんの間が有名ですが、今、最も旬なのが箱ヘルです。数年前、温泉街に近接した歓楽街にファッションヘルスビルが建てられました。CAやメイドのコスプレ専門店から夜ばいが売りの人妻店まであり、ルックス、サービスのレベルは総じて高いです」(生駒氏)

全国にある「ふ〜ぞく沸騰都市」で、アツく盛り上がった股間を落ち着かせてみてはいかがか。