たかしょーのイっちゃって! 連載28 今週のテーマ「タマあそび」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載28 今週のテーマ「タマあそび」

2017/07/27

たかしょーのイっちゃって! 連載28 今週のテーマ「タマあそび」

夏本番ですね~! こんな暑い日はクーラーの効いたパチンコ店さんでまったりしたいものですね~。というのも実は、最近パチンコ店さんのイベントに呼ばれることが多いんです。にぎやかだし涼しいし、生まれて初めて打ちましたが、楽しさを知ってしまったたかしょーです(笑)。

アサ芸読者のおじ様たちはパチンコをやったりするのでしょうか? つい先日、私がやった台は、人気AV女優さんがたくさん登場する台で、ず~っと液晶に釘づけでした。だってみんなカワイイんだも~ん(笑)。いつかは私も出てみたいなって思いますね。

それはそうと、パチンコはタマがたくさん出るから楽しいですよね~。えっ? まったく出ない時もあるでしょって? いえいえ、私、なぜか昔からこういうのは運がいいみたいで。パチンコだけでいうならば、ほぼ負け知らずなんです。運のよさだけにはムダな自信を持ってます(笑)。

パチンコはハンドルを握り続けるのが大変だし、体力と集中力を消耗しますけど、趣味の「タマ遊び」としてタマに打ち続けたいです‥‥スミマセン、柄にもなくダジャレが出ました(笑)。

さて、パチンコ玉といえば連想するのは男性の玉袋ですが‥‥えっ、この連想、間違ってます? 私の職業上、どうしても〝タマ〟と聞くと男性の〝タマ〟が浮かんでしまうんです‥‥撮影で毎回目にしますし。

撮影では寝そべった男優さんの股の間に私が女の子座りをして、カメラが男優さんの頭側から撮るアングルが多いんです。男優さんの股の間に腰を下ろしてる私は必然的に、目の前にタマがあって‥‥そうなると私、どうしてもいじりたくなっちゃうんですよね~。監督に指示を出されなくても、台本に「タマ責め」と書いてなくても毎回、勝手にいじってます(笑)。

人によってタマの大きさや垂れ具合が違うので、決まっている〝タマ責めメニュー〟はないのですが、まずは舐めてみて様子を見ることが多いですね。タマがパンと張っている人は口に含みづらいので舐め中心で、サオをシゴきながら責めていきます。

逆に、タマがメチャメチャ垂れている人もいますが、こっちのほうが実は私の好みのタマタイプでして(笑)。バックからピストンするとクリに当たるほど垂れている男優さんとシタ時に開眼してしまったのです。「タマがパチパチ何度もクリに当たるほど出し入れされてる‥‥イヤらしくて気持ちいい~!」って。

しかもタマが垂れてる人はタマ責めならぬ「タマ遊び」もしやすいんです。垂れてるということは袋が長いということでもあるので、舐めるだけじゃなく口に含んで吸うプレイもできる利点が!

タマを口に含んで吸う場合は片タマずつ責めるのですが、ツルンと〝うずらの卵を食べるような感触〟で口の中に入り込んできます。この感触、男性には理解できないと思いますが「おいしい!」っていう感覚に近いんですよね。

目の前にあるタマを私は避けては通れません! そこにタマがあるかぎり、私は責めます(笑)。これが〝たかしょー流タマ責めスタイル〟かな♡ ただし、私の責め方はソフトではありますが刺激的かもしれないので(笑)、タマいじりをされた経験がない方は、舐めてもらうステップから始めてみるのがいいと思いますよ。


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
2012年にグラドルとしてデビュー。人気グラドルから16年5月にMUTEKIでAVデビューを果たすと、16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠を受賞。今年の「DMMアワード2017最優秀新人女優賞」を受賞。最新写真集「Sho-Time」(徳間書店)が発売中。ツイッター@TS_takasho

撮影/ベイビー・U


関連商品