[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「松居一代の執着心がある意味羨ましい‥‥」

ギャンブル

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「松居一代の執着心がある意味羨ましい‥‥」

2017/07/28

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「松居一代の執着心がある意味羨ましい‥‥」

連日、新聞・テレビをにぎわせている松居一代さん。

はたから見ると、「大丈夫か?」と首をかしげたくなるのも理解できますが、人間は誰しも理性を失う瞬間や時期はあるように思います。

特に若かりし頃の恋愛や、その延長線上に待っている別れの時など─。

だからなのか、松居さんを見ていると、ちょっぴり昔の自分を思い出し、恥ずかしくなってしまうところも。私も過去、今の旦那さんとつきあっていた頃に、携帯電話を1週間近く拉致してしまったことが‥‥。

しかしながら、その携帯に届くメールは天気予報などのニュース程度で、ほぼ誰からも電話やメールがない状態。振り返ると、なぜあんなことをしてしまったのか? 自分を情けなく思うと同時に、今なんぞ、出張で離れて暮らす際に1カ月以上、お互いに電話をかけ合わないことも当たり前の状態に‥‥。

夫婦というのは時間とともに空気のような存在になるのだろうな、と勝手に思っていただけに、60歳にして、あそこまで旦那さんに執着する姿には驚きです。〈松居さんって、ある意味、少女なのかもしれないな〜〉と、全てから卒業した42歳には、羨ましくも映るのでした。ちなみに、そうした刺激を受けて今年の夏はビキニでも着ようかしら、と考えたものの、下のジャングルがチンパイで‥‥ナンチッテ。

さて、新潟で行われるアイビスサマーダッシュは、レッドラウダに期待します。

それでは皆さん、週末は競馬場、もしくは「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。