本誌連動企画

【第121回】厳選! イチ推し特集

風俗嬢が客に恋するなんて話は、身受け制度のあった江戸時代の遊郭とかならともかく、戦後日本では幻想とされています。

彼女たちは「プロ」ですから、体は隅々まで許しても心は許さない……なんて言われていましたねえ(過去形)。

最近の風俗嬢って、特に若いコたちの中には、プロ意識の薄いコらがけっこーな数いて、本人たちにはそのつもりがなくても、体が気持ちよくなった時に肉体からの信号を脳が錯覚して、割と深刻な恋愛感情を客に対して持ってしまうことがあるんだそうですよ(アルバイト感覚で軽いヘルス系の性風俗に身を投じたコに多い)。

我々男というのはけっこう性について勘違いが多くてですね、女性を気持ち良くさせてるつもりでいるのに、実は痛いから早く終わってほしいと思っている女性が多いんだとか。例えば、クリは案外デリケートで、激しく強く触ると気持ち良いより痛いが先に来てダメになるとか。そこらへん分かってる男が客としてやってきて、痛いことしかしない客たちの中で「この人だけは気持ち良くしてくれる!」と思わせることができたら、けっこー外見に自信のない男でもモテちゃうんだと。現役の嬢たちがプライベートなトークで語ってましたから、たぶんに本当です。

……狙ってみますか?

【第120回】厳選! 麗しの泡姫特集

海外の人にとって、ヘルスやピンサロという業態は「とても珍しい」のだそうです。 海外にはストリップが…

【第119回】突撃!! 隣の人妻特集

 バレンタインデイでチョコレートの扱いが現在のようになったのは、お菓子メーカーが小売店を守るために…

【第118回】イチ推し店特集

 皆さん『艦隊これくしょん』ッてゲーム知ってます? サービス開始からつい最近3周年だった割にインタ…

【第117回】イチ推し店特集

アメリカの偉い人が選挙前から「国境に壁を作る」とか言っていてえらくバッシングされていましたね。しか…

【第116回】吉原 高級ソープランド特集

先日、看護師が面白いことを言っていました。 仕事がら、彼ら彼女らは、人さまの臨終に立ち会うことが多…

【第115回】イチ推し店特集

 いつの頃からかインターネット上にひとつのデマゴーグを元に新しい慣用句が生まれました。 「月が綺麗…

【第114回】熟泡ダブル特集

こういう現場でお仕事しておりますと、夫に内緒でお小遣い稼ぎ(あとちょっぴり欲求不満の解消も兼ねて)…

【第113回】イチ推し店特集

常々疑問に思っていることがあります。 木材だった大昔はともかく、今の船舶は各種鋼材ですよねえ? と…

【第112回】イチ推し店特集

 皆様に新年を慎んでお慶び申し上げます。 平成二十九年、西暦2017年も当サイト『アサ芸風俗』と、本誌…

【第111回】イチ推し店特集

インターネットを見回しますと、色んな情報を発信している者たちの中に、明らかに信憑性の無い情報発信と…