夜ネタ(13ページ)

 快楽追求のため手術を受ける女性はまだ少ない。 前出・田中氏が言う。「女性器に関する手術で最も多いのは、小陰唇縮小手術です。当院でも月に1件、年間で10件ほどの手術をしています。以前、勤務していた大手クリニックでは年間30~40件の手術をしていました」 小陰唇とは、いわゆる“ビラビラ”と呼ばれるクリトリス包皮から尿道口、膣口の両脇に存在する肉びらである。大きさが左右対称であるほうが美しいとされているのも事…»続きを読む

女性器医療最前線「Gスポット増強手術」(3)美しさを求めて

「におい立つ女性器」──。この文言を読んで、欲情を覚えた人はきっと女の“甘美な香り”を思い起こしたのだろう。一方で、ゲンナ…»続きを読む

女性器“甘い香り”と“腐敗臭”の秘密(1)男を欲情させる香りの正体

 一方、形や色はどう変化していくのか。女性器の年代別の形状を表す言葉としては「しじみ、はまぐり、赤貝、あわび」などと言…»続きを読む

熟女の女性器がバックを好むメカニズム(2)セックスレスだと穴が縮む


 夫婦の問題を取材してきたライターの野原広子氏は言う。「一般的に、下の子供が小学校に入学するまでが、日常的に自宅内で夫…»続きを読む

娘には夫婦の営みをみられたくなかった(2)“家庭内セックス期”は要注意

 俗に言う、女性器の「締まり」のよしあし。性交時に男性の陰茎を包み込む膣圧のことだが、その低下に悩む女性が増えている。…»続きを読む

女性器医療最前線「Gスポット増強手術」(2)膣圧回復にも最新医療が

「三十させごろ、四十しごろ、五十ござむしり‥‥」。女が性経験を積んで、どんどん感じやすくなってゆく様子を、粋人たちはこう…»続きを読む

熟女の女性器がバックを好むメカニズム(1)いい経験を重ねればさらに高い感度を得られる

「何でも隠し事のない家族でありたい」──。誰もが考える理想像だが、こと夫婦の秘め事となると話は別だろう。だが実際には、一…»続きを読む

娘には夫婦の営みをみられたくなかった(1)行為の最中に娘が体当たり

 色、形、その大小に至るまで、誰一人として同じではない。そして、体の内奥へと続く構造は、男たちは目視さえできない──。生…»続きを読む

女性器医療最前線「Gスポット増強手術」(1)2~3分の刺激で絶頂へ

 どうやら健康に欠かせない男性のスケベ心維持法について、前出・秋好教授が言う。「日頃から鍛えればいいのです。オナニーで…»続きを読む

新オヤジの「スケベ健康法」(3)妻や恋人以外の女性では…

 やや懐疑的な瀬田院長の意見に対し、セックスを含む統合医療を研究、実践している韓国の東亜大学客員教授で理学博士の秋好憲…»続きを読む

新オヤジの「スケベ健康法」(2)「ドキドキ感」で代謝が促進

 かつて長寿記録でギネスブックに載った泉重千代さんが、長生きの秘訣について、「酒」に加え「女かのぉ」と語ったが、それを…»続きを読む

新オヤジの「スケベ健康法」(1)できればDカップ以上の胸を

 自衛隊員と風俗嬢たちはこう論評したが、ジャーナリスト・二木啓孝氏は客観的立場から断じる。「まず軍隊が性の処理で悩み、…»続きを読む

橋下徹「慰安婦放言で“軍隊と性”緊急激論」(4)沖縄風俗利用=基地固定化

 「当事者」たる風俗産業に携わる女性たちの賛否も気になるところ。東京・池袋のホテヘル嬢(27)は言う。「風俗が性犯罪抑止…»続きを読む

橋下徹「慰安婦放言で“軍隊と性”緊急激論」(3)デカいあれはダメなんです

 橋下氏の「軍隊とセックス」論を、我が国の自衛隊員はどう捉えたか。30代の陸上自衛隊員を直撃すると、渋い表情でこう言った…»続きを読む

橋下徹「慰安婦放言で“軍隊と性”緊急激論」(2)自衛隊のイメージをブチ壊し

 失言、放言、泥沼釈明。ある意味、政治家が転落する際の象徴的なシーンがこれだ。政界屈指の論客にして人気者の大阪市長もこ…»続きを読む

橋下徹「慰安婦放言で“軍隊と性”緊急激論」(1)性的エネルギーを合法的に…