さら

女の子にアソコをいじってもらってスッキリ発射させるソフト系風俗の手コキ専門店。手早くリーズナブルな点で支持する愛好者も多いが、そんな手コキスタイルにひと味加えたサービスで注目を集めているお店が藤沢の「ティーンカーベル」だ。 在籍しているのは18歳から20代前半のおよそ40人の美女。彼女らの“ひと味…»続きを読む

藤沢・コスプレ系オナクラ「ティーンカーベル」 手コキスタイルに加えたサービスは「コスプレ」!ソフトM…

ご承知のとおり、桜花賞が参考にならないぐらいの超スローペース(最初の3ハロンが37秒1)での推移。レッツゴードンキの逃げ切りにケチをつけるつもりは毛頭ないことを断っておくが、あの着順が力量どおりに並んでいるわけではないことだけは覚えておかなければいけない。 ただし、単勝1.6倍の断然人気に推されたルージ…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「クイーンズリングに自信の◎」

「競馬に絶対はない」 これまで幾度となく思い知らされてきましたが、先日のAJCCでのゴールドシップにはビックリでした。 レース直後、「ズバリ敗因は?」と聞かれ、すぐには答えを見つけられませんでしたが、気になった点は1つありました。それは、2コーナー過ぎで一瞬行きかけたところで、思ったほど行かなかった…»続きを読む

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「ゴールドシップの敗因は2コーナー」

皐月賞まで2カ月余り。気象庁発の長期予報とは逆に、寒い冬になったこともあって、もうひとつ実感が湧いてこないというのが本音だが、クラシックの蹄音は着実に聞こえ始めている。このきさらぎ賞と、次週の共同通信杯が一つの大きなヤマ場で、2つのレースの勝ち馬が前半戦の主役の一翼を担うと観測されている。それだけの…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ルージュバックの強さは本物」

今週末2月8日はWIN5対象の5レースが全て芝。序盤のWIN【1】~【3】は昨年や先週の馬場傾向を参考にしぼり込みましょう。 WIN【4】のきさらぎ賞は前走内容を素直に評価したい一戦。大敗を喫した馬や出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬は、思い切って軽視したいところです。 もう一つ注目し…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「“きさらぎ賞”はポルトD最有力」

「わたしの城下町」や「瀬戸の花嫁」など、歌手のイメージが強い小柳ルミ子(61)だが、70年に宝塚音楽学校を首席で卒業したあと、2カ月間だけ在籍していた。ベテランの芸能ジャーナリストはこう語る。 「歌や演技を勉強するためだけに宝塚音楽学校に進学したので、宝塚の舞台には興味がなかったようです」 歌手で大…»続きを読む

宝塚出身女優「伝説の迫真SEX」をプレイバック!(3)黒電話の受話器でオナニー

 出産から3カ月後に仕事へ復帰。少し早すぎた気もしますが、周囲のみんなに助けてもらいながら何とか日々過ごしています。  さて、6カ月ぶりとなる現場へ足を運ぶと、久しぶりに会う方々に、 「痩せたのでは?」  と、声をかけられます。  実はそうなのです。出産後2~3キロ体重がダウン。産後太りという…»続きを読む

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「迫力満点の馬力バンドワゴン」

 GIレースを例外として、重賞や特別レースは前週の日曜最終レース後に登録がいったん締め切られる。そののち、当週の木曜日に行われる最終的な出馬登録を経て、正式な出走表が確定する仕組み。  1週前の特別登録の中には「九分どおり使わないつもりだけど」の非常に消極的な陣営の馬も存在するのだが、これをしておか…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「バンドワゴンから3連単1点」

 今週末2月9日の2重賞は、波乱の決着が珍しくない一戦。しかし、好走馬の傾向はわりと明確です。  WIN【4】のきさらぎ賞はコース適性が最大のポイント。京都芝で連対経験のない馬は09年以降〈0-0-2-22〉と苦戦していました。一方、過去に京都芝で連対経験があった馬のうち、該当レースで出走メンバー中2位以内の上が…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「バンドワゴンよりトーセンスターダム」