オースミナイン

今年行われた京都芝1600メートル重賞は強烈な必勝法がありました。ディープインパクト産駒を買う。たったこれだけです。 京都金杯はエキストラエンドが1着。2着もオースミナイン。シンザン記念のディープ産駒はたった1頭のミッキーアイルが1着。京都牝馬Sは1着がウリウリ、2着がドナウブルー。そしてマイラーズCも4頭出…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「ディープ産駒が重賞で激走する理由」

人類対コンピュータの対決という構図が注目を集めた将棋の電王戦は、1勝4敗でまたしても人類の負け。人間側はバリバリのA級棋士である屋敷九段を大将に据えるなど、絶対に負けたくない気持ちを前面に出した布陣で固め、公式戦並みの持ち時間5時間という条件でぶつかったが、それでも機械の正確さと底なしの体力にはね返さ…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ワールドエースは能力が違う」

 京都金杯は、HPで本命にしたディープインパクト産駒のエキストラエンドが快勝。2着は対抗のオースミナイン。こちらもディープインパクト産駒。昨年末のラジオNIKKEI杯の馬単255倍を◎○で的中したのに続き、京都金杯の馬単58倍も◎○で的中しました。  ところで、エキストラエンドはオッズを見て「えっ」と思った方も多…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「重賞は“人気薄の外国人”を狙え」

 シーズンオフがないのが日本の競馬。厳寒期と猛暑の時期の1カ月ずつぐらいはオフになってもいいよなあ、というのは厩舎関係者のつぶやきだが、ありがたいファンがそれを許してはくれない。  年末23日の最終日からわずかに中12日開いただけの正月競馬だが、毎年びっくりするほどの多くのファンでにぎわうのは、競馬欠…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「レッドアリオンが逃げ切る」