ヴィーナス

フィリーズレビューは、ディープインパクトをはじめとする、主流のサンデー系「ではない」非主流父系が走るレース。芝のレースであるにもかかわらず、ダート適性の高いタイプが走りやすいコースの構造が非主流血統に有利に働きます。 過去5年でJRAのダートで連対実績のあった馬は複勝率21%。複勝回収率321%。昨年もニホ…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「“フィリーズR”はダート適性が鍵!」

「開催替わりの芝コースは先行馬天国」。この金言は、馬場造園の技術が究極に上がった昨今、揺るぎないものとなってきている。 この中京は、3月30日の高松宮記念以来の3カ月ぶりの開催。芝の育成が最もいい時期にじっくり馬場を作り直す時間があったわけで、コースは文字どおりの緑のじゅうたん。これは見なくても十分…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「軽斤量ベルカントが逃げ切る」

 今週末3月16日のWIN5対象レースは、どれもメンバー構成や展開一つで大きな波乱を期待できるのではないかと思います。  WIN【4】のフィリーズレビューは臨戦過程を重視したいレース。07年以降は前走で芝1600メートルのレースを使っていた馬が優勢です。  ただし、歴代の優勝馬を振り返ってみると、マイルがベスト…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「1~6枠ならアグネスワルツ」

 芝1400メートル重賞を勝利したディープインパクト産駒は、今まで1頭のみ。3人気以内に10頭支持されましたが1頭も勝ち馬はいません。また、重賞以外でもディープ産駒は芝1400メートルで人気を背負って消えるケースは多発します。  ディープ産駒が苦手とする1400メートルを得意とするのがダイワメジャーです。ダイワメ…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「芝1400m重賞のディープ産駒は消し」