一杯酒場(3ページ)

店主だけが知る門外不出の秘伝の味で呼び覚まされる古き良き昭和の記憶 昭和47年創業。仙台から息子、そしてそのまた息子へと3代にわたり”秘伝の味”を継承する、歴史ある焼き鳥店。注ぎ足しのタレは先代夫婦が試行錯誤を重ねて仕上げた、門外不出の独自の味。肉の旨みを引き立てながらほのかな甘みを纏わ…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・上大岡「鳥佳」

朝8時半から夜勤明けの客が来る 常連考案の「謎メニュー」がウマイ! 焼肉の聖地・鶴橋の駅周辺に広がる鶴橋商店街の一角、お地蔵さんを目印に折れた小さな路地にある、カウンターだけの店である。朝8時半からオープンし、夜勤明けの客が一杯ひっかけにやってくる。 戦後すぐ、闇市の一隅で開店したといい、その歴…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・鶴橋「鶴橋よあけ食堂」

一度聞いたら忘れない店名に一度訪れたら忘れられない衝撃メニューの数々 大衆やきとり店の多い江古田界隈で”安いのに美味しくて量も多い”コスパが良すぎると大評判の、地元常連客が集う焼鳥屋があると聞いていた。ついに念願叶って訪れてみると、その人気の高さに大納得。 焼鳥「5本盛り合わせ」は、…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・江古田「ホワイトはうす」

鶴橋の市場で仕入れる和歌山産鮮魚と店主の釣果を大衆価格で ショーケースにずらりと並んだ魚介類は、見た目からしてその新鮮さが伝わってくる。鶴橋の市場で和歌山産の鮮魚を中心に毎日仕入れているという。時には店主が釣ってきた魚もこのラインナップに加わるのだとか。まぐろ、剣先イカ、アジなどその時々の旬の…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・平野「大衆酒場 ニュー大丸」

創業46年。〝裏川崎〞で大繁盛する健康メニューの人情立ち飲み処 〝裏川崎”と呼ばれる居酒屋激戦区にありながら、連日長蛇の列を作るほどの繁盛店。1杯250円から味わえる手軽さもさることながら、一品一品丁寧に仕込まれた家庭的な味わいや、季節の食材を取り入れたシーズンメニューが胃と心に沁み渡る。 19…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・川崎「元祖立ち飲み屋」

特製メニューと好センス光るつまみで「蕎麦前」より「うどん前」の粋! すっきりとしたカウンターに大きめのテーブル、清潔で居心地のよい店内。昼は美味しいうどんランチの店として評判だが、夜は厳選された酒とつまみを出す“うどん居酒屋”である。オーナーは池袋の有名うどん居酒屋で10年間店長を務め…»続きを読む

【一杯酒場】 埼玉・朝霧台「うどん処 おはな」

焼いた麺に海鮮野菜炒めが乗る ”佐賀風”皿うどんに驚く 高田馬場駅から早稲田通りを東に数分。明治通りとぶつかる交差点に「やきとり ちゃんぽん」という印象的な並びの看板を掲げるのが、昭和7年創業の老舗居酒屋「葉隠」だ。お察しの通り、初代は九州佐賀県出身で、本場の味を受け継いだ「ちゃんぽん」…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・高田馬場「葉隠」

これは射撃ゲームかUFOキャッチャーか マニアを満足させる「缶詰テーマパーク」 頭上にズラリと連なる缶詰の、なんとも堂々たること。それぞれにはオーダー用の番号札が割り当てられ、価格別に色分けされたシールが貼ってある。メニュー表はなく、客は自ら店内を動き回り、80種を超える缶の中から気になるものを見つ…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・桜木町「缶詰BAR キンコンカン」

「甘酒横丁」の歴史を体現する粋な下町酒場の極み 人形町「甘酒横丁」で100年以上の歴史を持つ老舗酒屋「佐々木酒店」。そのご主人が46年前、店の隣に開いた念願の居酒屋がここ「笹新」だ。決してでしゃばらない佇まい、適度な広さ、雰囲気、何もかもが酒好きの好みにぴたりと合って、粋な下町酒場の極みのような店。…»続きを読む

【一杯酒場】 東京・人形町「酒の店 笹新」

幻の銘酒「梵」が飲めるコの字カウンターの天国 暖簾をくぶり、風通しのいい店内に入ると、大きなコの字カウンターが迎えてくれる。創業70年以上の歴史を持ち、現在は若き三代目が切り盛りする、活気あふれる大衆酒場だ。 長い付き合いの魚屋から、各地で獲れたその時々の活きのいいものだけを仕入れているという「…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・森小路「大衆酒場 松久」