吉原(8ページ)

お客さんに心ゆくまで満足してもらうという理念で、創業以来20余年にわたって人気のお店が吉原のソープ「クラブ夢」だ。 総勢50人を超えるコンパニオンは20代から30代が中心で、スタイルも性格もさまざま。より、好みの女の子が見つかりやすいのだ。もちろん、みな時間目一杯まで愛情あふれるおもてなしをしてくれるので…»続きを読む

スタイルも性格も好みのタイプがいろいろ選べる 吉原「クラブ夢」

30代の美熟女とよりそいながら過ごす、癒しといやらしの空間。それが吉原のソープ「プレジデントクラブ」だ。 在籍しているのは、年齢と経験を重ねて開花したオトナのエロスを持った女性たち。もちろん、お客さん相手のご奉仕ではあるものの、女性自身が2人の時間を心から楽しんでいるので、こってり濃厚な触れ合いが味わ…»続きを読む

オトナのエロスを楽しみたいなら 吉原「プレジデントクラブ」

「若くて元気のいい子と遊ぶのもいいけど、疲れた日にはゆっくり癒してくれるお店がいい」 そんな働く男たちの思いを、オトナの美貌と包容力で優しく満たしてくれるお店が吉原のソープ「ローテンブルク」だ。 在籍しているのは20代後半から30代後半の清楚な奥様たち。ギャルにはない落ち着いたたたずまいで、ともに過ご…»続きを読む

オトナの美貌と包容力で優しく満たしてくれる 吉原「ローテンブルク」

「同情するなら抱いてくれ!」と言わんばかりに、安達祐実(32)がついに一糸まとわぬヌードを披露。新作映画で見せた、吉原遊女役の恥辱にまみれた迫真濡れ場を先行ロードショーする!  芸能デスクが語る。 「昨年秋に発売した写真集『私生活』(集英社)では、透け乳首やハメ撮り風のカットが満載だったこともあ…»続きを読む

安達祐実 吉原遊女役で迫真濡れ場ヌードを披露

 では「遊郭」とは、どんな場所を指すのか。かつては花街、色里、遊里、傾城屋など公許の遊女屋が軒を連ねる一帯が多数存在したという。性風俗研究家の松沢呉一氏が解説する。 「郭という文字は城郭の郭と同じですから、もともと塀や堀に囲まれた一角を意味します。吉原がそうですね。もう1つ、宿場町にいた飯盛女から…»続きを読む

遊郭からソープへ変貌した「吉原の360年」(2)現代の遊女は泡姫に…

 江戸幕府が正式に認めた唯一の遊郭、それが吉原である。現在も日本有数のソープランド街として知られる吉原は約360年の歴史を誇る。その刻まれた時には、法規制や戦火、震災とさまざまな外的要因による変化を受け入れてきた歴史でもあった。しかし、「現代の遊女」は今も健在。実にけなげでたくましかったのだ。  東…»続きを読む

遊郭からソープへ変貌した「吉原の360年」(1)法規制でも変わらない“現代の遊女”のたくましさ