川島なお美

テレビ画面から伝わる衝撃の官能シーンに、はからずも勃起したッ! テレビ界に濡れ場の金字塔を打ち立てた殿堂ドラマ2作が、ここにドラマ濡れ場女王の座を巡り、相まみえる! まずは、世に不倫ブームを巻き起こした官能エロス大作「失楽園」(97年、日本テレビ系)だ。濡れ場に詳しいライターの松井修氏が感嘆する。 …»続きを読む

伝説の肉欲ドラマで輝いた「女優100大“激”エロス」(1)「2トップ」全裸対決篇

 凛子役への抜擢に大乗り気なことは間違いなさそうな壇蜜だが、昨年は映画「私の奴隷になりなさい」でハードSM、今年公開の「甘い鞭」では“放尿4Pセックス”も見せ、すでにあらゆる「艶技」を制覇した感もある。ある映画ライターが言う。 「黒木版『失楽園』で黒木は乳首こそ見せましたが、故・森田芳光監…»続きを読む

壇蜜 「新・失楽園」で見せる“黒木超え”喪服濡れ場!(2)

 かつてそのタイトルを冠した不倫ブームが沸き起こるほど社会現象化した映画「失楽園」。その21世紀版作品が企画され、ヒロインに壇蜜が“強行採決”されたことをつかんだ。目下、芸能界エロス女王の壇蜜がどう「官能の極致」を演じるのか。あの黒木瞳をも超える背徳SEXの全容を最速詳報する! 「後ろ向きに…»続きを読む

壇蜜 「新・失楽園」で見せる“黒木超え”喪服濡れ場!(1)

 今年のエロス大賞は、波乱の展開! 綾瀬はるかや長澤まさみら常連組が姿を消し、新進気鋭の新世代とベテランがしのぎを削る大混戦となった。人気女優から女子アナまで、2013年のエロスシーンを凝縮して、ここにお届けしよう。  今年のエロスを語るうえで欠かせないのは、壇蜜(33)の大ブレイクだった。映画で大胆…»続きを読む

輝け「アサ芸エロス大賞2013<ヌード部門>」

 川島なお美に負けじと、熟ボディを先んじて披露したのが中島知子(42)だ。現在公開中の映画「ハダカの美奈子」で拝めるが、同作は「痛快!ビッグダディ」(テレビ朝日系)の林下家に嫁いだ美奈子(30)の同名自叙伝を原作としている。ヤンキー時代やDV三昧の半生をドキュメンタリーで描くのではなく、原作にはない10年…»続きを読む

川島なお美VS中島知子「妖艶演技でエロス対決!」(3)

 観客をうならせるのは、過激な艶技だけではない。川島の揺れ動く女心を描写した場面では、試写会場からため息が漏れたのだ。  ──バンコクに到着した川島は、タイ在住の姪に連れられたレストランでウェーターの韓国人青年と出会う。料理を置く際に川島の手に触れた男の指先が気になり、翌日も同じレストランへと向か…»続きを読む

川島なお美VS中島知子「妖艶演技でエロス対決!」(2)

 実るほど頭を垂れる“乳首”かな──。昔の人はよく言ったもので、秋の深まりを受けて“美熟女”2人がスクリーン狭しとばかりに、裸体を全開にしている。さっそく「エロ比べ」をしようと収穫に出かけると、ともに成熟した色合いの先端は垂れることなく、「ツン」と上を向いていたのだ! 「やめない…»続きを読む

川島なお美VS中島知子「妖艶演技でエロス対決!」(1)

 もはやこれは、ドラマ版「失楽園」、映画「鍵」(97年、東映・東北新社)などで繰り広げた伝説の濡れ場をしのぐ作品になるのは明白だが、現地男性愛人との、めくるめく交合の果てにはこんな局面も待ち受けていた。〈正常位で一度絶頂を迎えた後は、早くもひざ立ちする男の股間に顔を埋めて、男の復帰を口唇で促す。まず…»続きを読む

川島なお美「52歳の尻穴ドリル舐め濡れ場」(3)実生活で夫に「過干渉」情報

 恋人とのセックスでは、始終レイプまがいの激しい交合を繰り広げた川島。だが、東南アジアの旅先ではその反動のように羽を伸ばす。偶然見つけ、一目見ただけで自慰にふけってしまったほど魅力的な若い男を、実際に味わい尽くす「肉食素顔」を全開にするのだ。 高級レストランで見つけた年若いウエーターの現地男性に、…»続きを読む

川島なお美「52歳の尻穴ドリル舐め濡れ場」(2)中出し受け止めシーンも

 東南アジアの高級ホテルのベッドで、現地青年に貪欲に突かれ、身がとろける快楽を味わい尽くす──。人気女流作家の官能的私小説が原作の今秋公開映画。その主演を務めたのは、女優・川島なお美だった。本誌がつかんだ “失楽園女優”の、13年ぶりフルヌード映画の「頂上濡れ場」をここに独占公開!──南国のホ…»続きを読む

川島なお美「52歳の尻穴ドリル舐め濡れ場」(1)川島の顔に股間を押しつけ