摘発

AV女優とやれる店─こんな売り文句で営業していた吉原のソープランド2軒が連続摘発を受けた。だが、ガサ入れのリスクを気にしていては泡遊びにも集中できない。そこで現役ソープ嬢が「三輪車トーク」を展開。摘発劇のウラ事情から、意外な荒稼ぎ実態まで、ソープランドの「いま」を明かした。 ─売春防止法違反の疑いで「…»続きを読む

吉原の人気店「連続摘発」で気になるソープランドの「いま」

「妹系制服女子と相席できるお店」と宣伝していた歌舞伎町の出会い喫茶が摘発された。その言葉に偽りなしとばかりに、「本物」の現役女子高生が制服姿で接客。エスカレートした店内では、日常的に3Pプレイの痴態も繰り広げられていた。常連客らが証言する、驚愕のJK売春の最新現場とは─。 「警察です」 店の玄関で…»続きを読む

摘発「制服相席居酒屋」で繰り広げられた「JK店内3Pセックス」  「耳元で『コンドーは用意してますよ…』…

常連客がありし日を振り返る。 「8年前は男60人、女15人とかよくやってたよ。ゴムの量が半端ないから参加者同士でゴミ袋を20~30袋に小分けにして持ち帰ってた。高級ホテルのワンフロアの部屋が全部違うサークルで使われていたこともあった。乱交しててテレビをつけたら、下の階で拉致被害者の会見やってることがわかっ…»続きを読む

警視庁摘発でも密かに復活「大人のパーティ」の乱交現場に潜入!(3)乱交に被害者はいないのに…

男たちの熱い視線にスイッチが入った人妻は、参加男性のイチモツをくわえ込み、口内に放出させると満足そうに笑う。と、別の男性が本能の赴くままに人妻の秘壺をかき回し始めた。 「あぁぁ、あぁぁー」 獣のように大音量でアエぎ始める人妻。そのまま潮吹きしてしまうと、うって変わって、しおらしい声で、 「ご…»続きを読む

警視庁摘発でも密かに復活「大人のパーティ」の乱交現場に潜入!(2)犬用ペットシーツを敷いた

かつて一世を風靡した大人のパーティ。相次ぐ摘発ですっかり風前のともし火となったかに見えるが、実はネットの掲示板を利用して秘かに復活していた! 極秘裏に開催された乱交現場に潜入すると、そこには摘発を免れるための一定のルールを守りながらも組んずほぐれつの痴態を繰り広げる男女が─。 「常識では考えられ…»続きを読む

警視庁摘発でも密かに復活「大人のパーティ」の乱交現場に潜入!(1)使用後のゴム管理を警戒

未成年を売春目的で客に紹介したとして大阪にある「JKリフレ」の経営者らが、児童福祉法違反などの容疑で逮捕された。現役女子高生が耳かきや肩もみをしてくれると評判だった店の実態は“売春の巣窟”だったのである。 「店は、けっこうヒマだったから、とにかく“営業”しないとダメだったんで…»続きを読む

摘発!大阪JKリフレ「アルバイト少女が明かした“売春の巣窟”驚愕実態」

東京・上野のハプニングバーが、公然わいせつほう助の疑いなどで摘発された。記者が目撃した、過激な痴態を報告する。 警視庁が、日本最大級をうたう「よろこびbar KUNKUN」を摘発したのは16日のことだった。 社会部記者が語る。 「経営者の緊縛師のほか、3名の店員が逮捕されました。さらに28~56歳の客の男女4…»続きを読む

日本最大ハプバー摘発!記者も目撃していた「週末すし詰めSEX」