梅田

石垣島の泡盛を使ったオリジナルカクテルを沖縄のおばあに教わった家庭料理とともに 居酒屋のひしめく大阪駅第1ビルの中にあり、モダンな雰囲気がひときわ目をひくのがこの店。大阪市内に4店舗の老舗バーを展開するマスターが、立ち飲み店ではなかなか味わうことができない本当に美味しいお酒を大衆酒場の価格で提供…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・梅田「スタンド ミルクホール」

年を重ねるほどにメスの本能が働き出し、カラダが疼いてしまう‥‥。 そんな淫らな奥様と欲情をぶつけ合えるお店が、大阪は梅田のホテヘル「奥様の実話」だ。 30代から40代を中心とした、性を謳歌したいマダムがおよそ60人も在籍しているこちらのお店。スタイルも相性もバッチリな女性がきっと見つかるだろう。また、6…»続きを読む

梅田・ホテヘル「奥様の実話」 メスの本能が開花した淫らな奥様とぶつけ合う欲情!しかもリーズナブル!

大阪駅直結の貴重なオアシス空間 リーズナブルな普段使いの角打ち店 JR大阪駅と地下通路で直結する「大阪駅前第1ビル」内にはあまたの居酒屋が存在する。その中に昔ながらの庶民的な雰囲気を残しているのが「ウエダ商店」だ。酒屋が経営するいわゆる「角打ち」スタイルのお店ゆえ、お酒はとことんリーズナブル。ビー…»続きを読む

【一杯酒場】 大阪・西梅田「ウエダ商店」

「仕事よりも間男との騎乗位」を選んだ矢口の前途は、イバラの道が待ち構えていると言えそうだ。水面下では矢口の復帰プランが進められていただけに、所属事務所への“背信行為”に大きなペナルティが科せられることになりそうだ。「今回の不倫騒動では、矢口の母親の懸命の説得もあり、所属事務所側はかつての功労者であり…»続きを読む

矢口真里「“仕事より騎乗位”な覇王すぎる同棲ベッドでのカラミ」(4)芸能界復帰のは道険しい

 芸能プロ幹部も苦笑交じりに語る。「そもそも矢口は、男関係で過去にもさんざん失敗しているのにまったく学習していないと芸能関係者の間では評判ですよ。何しろ、05年にモー娘を脱退したのもオトコ関係がキッカケ。その時も写真誌に、まだブレイク直前だった小栗旬とのツーショットが撮られてしまった。それだけでなく…»続きを読む

矢口真里「“仕事より騎乗位”な覇王すぎる同棲ベッドでのカラミ」(3)オトコ癖はより奔放さを増し…

 ワイドショースタッフが明かす。「2人の同棲生活は、矢口の母親も公認していて、すでに結婚も間近と言われている。『週刊女性』の記事では、わずか3週間余りの間に4回も梅田が矢口のマンションを訪れていると書かれているが、実際、梅田は自分の住んでいる都内のアパートには月に2回ぐらい帰る程度。ほとんど矢口のマン…»続きを読む

矢口真里「“仕事より騎乗位”な覇王すぎる同棲ベッドでのカラミ」(2)今も続く間男・梅田賢三との関係

 旦那のいぬ間に間男モデルを自宅に連れ込んで“三行半”を突きつけられた矢口真里。芸能活動も無期限休養中だが、なんと浮気相手との交際が継続していたことが発覚した。みずから「騎乗位の覇王」を名乗る性豪男との半同棲生活の肉食ベッドをのぞき見る。  誰もが目を疑うような光景が目撃されたのは、10…»続きを読む

矢口真里「“仕事より騎乗位”な覇王すぎる同棲ベッドでのカラミ」(1)事務所に嘘をついてでも溺れ続けた肉…

「自宅ベッド連れ込み不倫」の代償はあまりにも大きかった。矢口真里(30)の芸能界復帰が遠のいているという。この窮地に救いの手を差し伸べるのは、やはり“ハダカ業界”だが、なんと想像以上に具体的な交渉が行われていたのだ。* スポーツ紙の芸能担当記者が解説する。「矢口は騒動が発覚した当初、夫婦の問題なので公…»続きを読む

矢口真里「理性よりヤリたい本能を優先する矢口はAV向き」