神奈川(3ページ)

神奈川県といえば、こってりとしたとんこつ醤油の「家系ラーメン」が有名。この店も濃厚な家系を提供するが、他と一線を画すのは、オリジナルメニューが豊富なところ。中でも「淡麗プレミアムラーメン」は、国産鶏と、鯛をはじめとした数種の高級白身魚のアラでダシをとったさっぱり系醤油ラーメン。和食の職人だった店主…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・桜ヶ丘「日々進化する超進家系ラーメン 弘家」

熟練の技が引き出す旨みは70年変わらぬ懐かしの味 駅前開発より遥か昔の昭和22年に大衆食堂として営業を開始したが、20年前の駅ビルへの移転を機にメニューを絞り、ラーメン専門店へ。 大衆食堂時代の味を受け継ぐ「昔ながらの醤油ラーメン」のスープは、鶏ガラ、とんこつ、野菜など一般的な材料のシンプルな作り…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・上大岡「清華ラーメン」

店主だけが知る門外不出の秘伝の味で呼び覚まされる古き良き昭和の記憶 昭和47年創業。仙台から息子、そしてそのまた息子へと3代にわたり”秘伝の味”を継承する、歴史ある焼き鳥店。注ぎ足しのタレは先代夫婦が試行錯誤を重ねて仕上げた、門外不出の独自の味。肉の旨みを引き立てながらほのかな甘みを纏わ…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・上大岡「鳥佳」

煮干しが醸すコクと風味に秘伝の特製醤油ダレが香る 川崎を代表するつけ麺屋「玉」の系列店。繁華街の外れにあり、最寄り駅から徒歩10分という立地でありながら、わざわざ足を運ぶ客が後を絶たない。一番人気はつけめん「煮番搾り」。鶏と魚介の絶妙なバランスが生みだす濃厚な味わいが、性別、世代を問わず好評な一…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・川崎「三三㐂(さんさんなな)」

創業46年。〝裏川崎〞で大繁盛する健康メニューの人情立ち飲み処 〝裏川崎”と呼ばれる居酒屋激戦区にありながら、連日長蛇の列を作るほどの繁盛店。1杯250円から味わえる手軽さもさることながら、一品一品丁寧に仕込まれた家庭的な味わいや、季節の食材を取り入れたシーズンメニューが胃と心に沁み渡る。 19…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・川崎「元祖立ち飲み屋」

歓楽街・川崎堀之内で、格安料金と確かなサービスで人気のソープが「赤とんぼ」だ。 30代前半から後半を中心とした経験豊富な美女がおよそ35人在籍しているこちらのお店。40分1万4000円(フリー限定・税別)から楽しめるというから、頻繁に通いたくなるお店の1つに加えたいところだ。また、電マ、ローター、アイマスク、…»続きを読む

川崎・ソープランド「赤とんぼ」 リーズナブルで経験豊富な美女による確かなサービス!最高のエロスを!

これは射撃ゲームかUFOキャッチャーか マニアを満足させる「缶詰テーマパーク」 頭上にズラリと連なる缶詰の、なんとも堂々たること。それぞれにはオーダー用の番号札が割り当てられ、価格別に色分けされたシールが貼ってある。メニュー表はなく、客は自ら店内を動き回り、80種を超える缶の中から気になるものを見つ…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・桜木町「缶詰BAR キンコンカン」

生姜香る深い鶏ダシとなめらか醤油で「横浜中華そば」の代名詞に! 2年連続でミシュラン・ビブグルマンに選出された目黒の名店「麺や維新」の店主が、2013年に横浜にオープンした「維新商店」。シンプルな素材が生み出す〝昔ながら〞の味わいを提供したいと打ち出した中華そばは、すぐに人気に火がつき、〝横浜中華そ…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・横浜「横浜中華そば 維新商店」

全ての作業に「独自の法則」あり 作り手の「本気」で歴然の差を生む焼き鳥 昨年の2月に小田急相模原駅の駅近にオープンして以来、食通たちの間でっ急速に話題を呼んでいるのが「炭火焼鳥ばか大将」だ。「食べたら違いがわかる!」という常連さんの太鼓判に胸を膨らませ、まずは定番のハツを頬張ってみる。プリッとした…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・相模原「炭火焼鳥ばか大将」

動物系の濃厚なコクを魚介でキリッと締める 大きな街でもないし、地元のお客さん一人ひとりにしっかり寄り添ったラーメン屋にしよう。店をオープンするとき、店主の鈴木さんは心にそう決めていたそうだ。注文後、スープの一杯一杯を雪平鍋の中で仕上げるのも、客の好みに合わせて味を調節するため。 豚のゲンコツ…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・相模原「奨 TASUKU」