神奈川(3ページ)

これは射撃ゲームかUFOキャッチャーか マニアを満足させる「缶詰テーマパーク」 頭上にズラリと連なる缶詰の、なんとも堂々たること。それぞれにはオーダー用の番号札が割り当てられ、価格別に色分けされたシールが貼ってある。メニュー表はなく、客は自ら店内を動き回り、80種を超える缶の中から気になるものを見つ…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・桜木町「缶詰BAR キンコンカン」

生姜香る深い鶏ダシとなめらか醤油で「横浜中華そば」の代名詞に! 2年連続でミシュラン・ビブグルマンに選出された目黒の名店「麺や維新」の店主が、2013年に横浜にオープンした「維新商店」。シンプルな素材が生み出す〝昔ながら〞の味わいを提供したいと打ち出した中華そばは、すぐに人気に火がつき、〝横浜中華そ…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・横浜「横浜中華そば 維新商店」

全ての作業に「独自の法則」あり 作り手の「本気」で歴然の差を生む焼き鳥 昨年の2月に小田急相模原駅の駅近にオープンして以来、食通たちの間でっ急速に話題を呼んでいるのが「炭火焼鳥ばか大将」だ。「食べたら違いがわかる!」という常連さんの太鼓判に胸を膨らませ、まずは定番のハツを頬張ってみる。プリッとした…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・相模原「炭火焼鳥ばか大将」

動物系の濃厚なコクを魚介でキリッと締める 大きな街でもないし、地元のお客さん一人ひとりにしっかり寄り添ったラーメン屋にしよう。店をオープンするとき、店主の鈴木さんは心にそう決めていたそうだ。注文後、スープの一杯一杯を雪平鍋の中で仕上げるのも、客の好みに合わせて味を調節するため。 豚のゲンコツ…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・相模原「奨 TASUKU」

居酒屋巡り年間200軒の店主が焼く ド迫力の大串を堪能 平塚に、開業5年にして熱烈なファンを多く持つ店がある。レトロな屋台を彷彿させる正方形の狭い店内には、開店後すぐに人が流れ込み、コの字のカウンターはほぼ埋まってしまうのだ。 独学で飲食の世界を学び、思い切って店を始めたという店主は、驚くべき&rdqu…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・平塚「居酒屋のりさん」

濃厚なコクが塩の概念をひっくり返す 当然、頭の中では漠然と〝塩の味〞を予想していたから、スープを口にふくんだ瞬間のギャップに脳が驚いてしまった。7時間じっくり煮込むという鶏白湯スープは、豚骨のような力強いコクがありながら、塩の繊細さも確かに感じられるのだ。 伊那地鶏やシャモなどの動物系ダシに、…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・平塚「麺肆 秀膽(ヒデタン)」

ナース、メイド、セーラー服、ブレザー、婦人警官。5種類のコスプレとリーズナブルな料金で人気のお店が湘南の出張オナクラ「ティンカーベル」だ。 在籍しているのは18歳から20代半ばのうら若き美女たちおよそ30人。オナクラとあってサービスはソフトだが、その分、ルックスも性格も高い水準の女の子が入店しやすく、そ…»続きを読む

湘南・オナクラ・手コキ「ティンカーベル」 ルックスも性格も高水準!女の子によってはオプチョンでムフフ…

ブリの旨味とすっきりスープが あとをひく和風あら汁テイスト のれんをくぐると、小料理屋のような雰囲気の店内に漂う上品な魚出汁の香り。カウンター7席のみだが、唯一無二の魚系ラーメンの噂を聞きつけた客が遠くからわざわざやってくる新進気鋭の店だ。 店主は和食の修行を積んだのちに、有名ラーメン店に8年…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・日本大通り「めんや正明」

気さくな女将と旨い肴 野毛の路地裏で愛され続ける名酒場 JR桜木町駅から徒歩5分ほど歩けば、約600もの飲み屋がひしめく”野毛”エリアに到達する。この激戦区で40年以上も暖簾を掲げる名店が「鳥しげ」だ。メイン通りの賑わいがフッと消える細い裏路地にありながら、この日も開店後すぐに満席となってしま…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川県・桜木町「鳥しげ」

和風ダシの深さ際立つ究極のあっさり系 ピシッと蝶ネクタイを締めた店主は、元ジャズマン。若い頃、バンドで稼いだお金は全てラーメンの食べ歩きに消えた。自宅でスープをたてはじめ、気がつけばそっちが本業に。「年齢に関係なく、誰もが毎日食べられる味を」との想いで生み出したのが、名物の醤油ラーメンだ。 …»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・日本大通り「ザ・ラーメン屋」