藤沢

女の子にアソコをいじってもらってスッキリ発射させるソフト系風俗の手コキ専門店。手早くリーズナブルな点で支持する愛好者も多いが、そんな手コキスタイルにひと味加えたサービスで注目を集めているお店が藤沢の「ティーンカーベル」だ。 在籍しているのは18歳から20代前半のおよそ40人の美女。彼女らの“ひと味…»続きを読む

藤沢・コスプレ系オナクラ「ティーンカーベル」 手コキスタイルに加えたサービスは「コスプレ」!ソフトM…

「ラーメンの鬼」弟子の 「素材再厳選」不朽の逸品 もともと静岡で漁船コックをしていた店主が、“ラーメンの鬼〞こと「支那そばや」創始者・佐野実氏に弟子入りしたのは31歳のとき。既に子供が2人もいた。厳しい修業の末に本店を5年間任され、独立。2007年に夫婦で開いた「ら塾」は、待ち客の耐えない藤沢の名店…»続きを読む

【眼福ラーメン】 神奈川・藤沢「麺処 ら塾」

飲み屋がひしめく路地で 湘南屈指の串揚げを堪能 「元気が売り」な店は珍しくないが、心の底から客を笑わせようとする店はそう多くない。ここには店員さんたちのエネルギッシュで丁寧な接客の他にもうひとつ、「プッ」と笑える仕掛けが散らばっている。カウンターや壁一面にペタペタと貼られたギャグやなぞなぞは、ど…»続きを読む

【一杯酒場】 神奈川・藤沢「喜怒愛楽 本店」

 ダービー開催週、藤沢師はコディーノを水曜に東京競馬場に持っていき、木曜追い切りをやった。「土曜の朝にはスクリーング(装鞍所からパドックに移動する予行演習)もやりました。他の調教師たちは『乗り役を替えて、今までやったことがないことをやって、結果が出るわけがないだろ』と冷ややかでした」(競馬解説者)…»続きを読む

天才騎手・横山典弘と藤沢厩舎「2度目の絶縁」全内幕(3)冷ややかな目で見られます

 トラックマンが解説する。「ダービーを意識するローテなら、中山1600メートルを使う意味がありません。ところがGI馬の冠が欲しかったのか、オーナーサイド(社台系クラブのサンデーレーシング)が無理やり、朝日杯出走を指示してきたというんです。藤沢師も苦渋の決断でしかたなく‥‥ところが2着に終わった。コディーノは…»続きを読む

天才騎手・横山典弘と藤沢厩舎「2度目の絶縁」全内幕(2)1人でポツンとベンチに…

 武豊と日本ダービー。05年のディープインパクト以来、8年ぶりに大舞台を制した天才の姿に、日本中のファンは胸を熱くした。だが、光あれば影あり。土壇場で不参戦を余儀なくされ、失意に沈んだもう1人の天才騎手が「師弟絶縁レース」にゲートイン。悲しみのスタートを切っていたのである。 キズナが1着でゴール板を通過…»続きを読む

天才騎手・横山典弘と藤沢厩舎「2度目の絶縁」全内幕(1)何の説明もなく降ろされた