週刊アサヒ芸能-2014年-0123号競馬

 最近、困ったことが‥‥。それは膨らみすぎる胸。出産後、まな板から巨乳へと変化し、ほんの一時だけは心が弾んだものの、ミルクが製造されるために膨らむ胸は随時ミルクを出さなければならず、中にため込むとオッパイがカチコチに固まり痛みだし、そのまま放置すると乳腺炎という病気にもなってしまうほど大変なことにな…»続きを読む

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「アドマイヤフライトに期待」

 有馬記念4着のラブイズブーシェ。1年前は最下級条件に甘んじていたこの馬が、トントン拍子に5勝を積み重ねて頂点の舞台を踏み、参加しただけではない実績を残してみせたのだ。年間を通じての最高の上がり馬だったと言うことができるだろう。  有馬記念の手綱を取った武豊騎手は「よく走ってくれました」と4着の価値…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「勝負気配サトノノブレス◎」

 今週末の2重賞はどちらも興味深い傾向があるレース。WIN5でも大きなポイントになるでしょう。  WIN【4】の京成杯は“末脚”を重視したい一戦。条件に該当する馬だけでなく、前走がJRAのレース、かつ朝日杯FS以外、かつその前走で出走メンバー中3位以下の上がり3ハロンタイムに終わっていた馬も03年以降〈0…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「京成杯は末脚を重視する!」

 年末年始のWIN5で大活躍したのがC・ルメール騎手と田辺裕信騎手の2人。ルメール騎手は13年12月23日にリボン賞とファイナルSを、1月5日には京都金杯を制し、田辺騎手も12月23日のフェアウェルSと1月5日のジュニアCを快勝しました。 ちなみに、この2人はいずれも昨秋の当コラムで取り上げていた注目ジョッキーです。田辺…»続きを読む

C・ルメール&田辺裕信を引き続きマーク!

 京都金杯は、HPで本命にしたディープインパクト産駒のエキストラエンドが快勝。2着は対抗のオースミナイン。こちらもディープインパクト産駒。昨年末のラジオNIKKEI杯の馬単255倍を◎○で的中したのに続き、京都金杯の馬単58倍も◎○で的中しました。  ところで、エキストラエンドはオッズを見て「えっ」と思った方も多…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「重賞は“人気薄の外国人”を狙え」