今、女性が楽しむための「オンナ向けAV」市場が急拡大している。波多野結衣、明日花キララ、里美ゆりあ、吉沢明歩といった人気女優も出演し、AV配信サービス大手のDMMでは、「女性向け」カテゴリーの作品が300タイトル超え。ネット上には女性向けの無料エロ動画サイトが乱立する人気ぶりである。はたして一般的なオトコ向…»続きを読む

オンナ向けAVの「とにかく粘っこい」興奮シーン

かつて芸能界とアダルト業界の間には大きな壁があった。しかし、大物女優の娘がAVに電撃参入。その壁は取り払われつつあるようだ。女優、アイドル、グラビアクイーンがカラミを解禁した「衝撃作」30本を総舐めチェック。恥を捨てて淫アクメをさらす芸能人の姿に、「なんてHだ!」と歓喜の声を上げたくなる。 とはいえ…»続きを読む

芸能人AV30の「アクメ淫度」くらべ!vol.2「カメラの前で泣き出した」

ー他にはヘンなモノ挿れてないだろうね~。 真夕 怖くて指しか挿れられなかった。お母さんに見つかっちゃダメだと思いつつも、リビングでやったら気持ちよくて、床をビチョビチョにしてビックリ。 ー気持ちよくて失禁か。 真夕 無臭だったから潮ですね(キッパリ)。それ以来、トイレでオナるようになったんです…»続きを読む

鈴木真夕「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.2 セックスは戦い。だから勝つ気で挑みます(笑)

清純派グラドルの殻を破ってAVデビュー。そのルックスとは裏腹なオヤジキャラに興味シンシン。勃ち呑み気分でエロ本性を味わうべし! ーけっこう声がかすれるね。まさか酒ヤケ? 真夕 昔からこんな声ですよ。「さくら水産」にはよく行きますけどね。 ーあの超庶民派の居酒屋チェーンに1人で? 真夕 はい。お酒…»続きを読む

鈴木真夕「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 小6から指挿れオナニーに夢中

東大大学院から日経新聞の記者という華麗な経歴の才媛がいた。ただ、その2つの栄光の間には「70本以上のAV出演」という何とも悩ましい事実があった! メイド服のブラウスがはだけ、Gカップの弾丸バストが円を描くように揺れている。そして深い谷間でパイズリしながら、あどけない声で淫語を連発。 「あん、オチン○ン…»続きを読む

AV女優日経新聞記者「佐藤るり」本出演で「ヤリ切った」淫乱艶技をナマ再生!

劇場からカラオケボックスまで「レリゴ~」の大合唱が続いている。実に平和な光景であるが、男たちにとっては〈胸騒ぎ〉とは無縁のもの‥‥。俺たちがスクリーンで浴びたいのは「美しいハダカ」であり、「ほとばしるカラミ」である。そんな「官能シネマ遺産」を100本、厳選で大公開! わかっちゃいるけど思わずもう一度見…»続きを読む

「アナ雪」よりオヤジが“欲情レリゴー”する「女優シネマSEX」100大遺産(1)名作篇

――エッチした3人以外につきあった男は? 美鈴 いないんですよ。私、ふだんは怖く見えるらしくて声かけてもらえないの。だから気になる人には、私から1回目の御飯に誘うことが多かったなぁ。 ――いいねぇ、男は喜んで口説いてくるだろ~。 美鈴 何で男性って、2人きりだと雰囲気とか会話の内容が変わるんですか? …»続きを読む

中川美鈴「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.2 警察官に超ビックリなこと言われました(笑)

下半身にビタミンHをお届けするアダルト美女のスケベトーク。スケベ開花寸前、“お上”も惑わすフレッシュ色香に、勃ち読みしないと逮捕しちゃうぞ! ――デビュー作の中で、エッチ経験ほとんどナシって話してたけど本当なの? 美鈴 はい。正直言って、以前はあまりセックスに興味なかったんです。初体験も高…»続きを読む

中川美鈴「ナマ搾りインタビュー100%H果汁」Vol.1 初めての口内発射は生ぬるいのが「いっぱい出た!」っ…

 小向美奈子、鈴木早智子、西本はるか‥‥。一昔前までは考えられなかった「芸能人AV」はもはや夢物語ではなくなった。そんな芸能界とAV業界のボーダーレス化がますます進行する中で、あの柔乳熟女優が再びピンクのスポットライトを浴びようとしている!  大物女優、グラビアアイドル、CM出演モデルなど、これまで数々…»続きを読む

川上麻衣子 「47歳初AV」計画の行方を追う!(1)

 今年は「じぇじぇじぇ」と驚くほど、表舞台に復帰した熟女が多かった。まさに、「今でしょ」とばかりにカムバックした姿は、世のオヤジたちを「お・も・て・な・し」するだけでなく、これまでの逆境やブランクを「倍返し」にする熟女のたくましさを見せつけた。  洗脳騒動から裸一貫で復活したのは中島知子(42)、…»続きを読む

「美熟女」オブ★ザ★イヤー2013(2)~カムバック賞~